サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« タチアオイ(立葵)の花言葉って何? | トップページ | 京都・下鴨神社の「すえひろ」(扇子)にアレンジされている葉っぱは? »

2016年6月10日 (金)

京都の葵祭の「葵」って何? 立葵(タチアオイ)? 双葉葵(フタバアオイ)?

Img_0244

 *

 京都で葵祭りが行われました。5月15日のことです。これに先だって古武道奉納などが行われたんですが、そもそも葵祭りの「葵」(アオイ)って、何? ひょっとすると梅雨の頃から咲き始めるタチアオイ(立葵)? ここしばらくこのブログで紹介してきた植物です。

 いえいえ、全然違います。

Img_0216_2

 実はフタバアオイ(双葉葵)なのです。

 このフタバアオイを牛馬や牛車に飾ったり烏帽子などにつけて神事をしたりするので「葵祭り」と言われるようになったそうです。冒頭写真ではフタバアオイが烏帽子や神輿に飾り付けられている様子がうかがえます。以前は神社の周囲に沢山自生していたもので賄っていたそうですが、現在は激減しています。

 フタバアオイはウマノスズクサ科カンアオイ属です。タチアオイはアオイ科ビロードアオイ属ですので、どちらもアオイ(葵)といいながらも全然違うんですね。タチアオイの茎は文字どおり直立していますが、フタバアオイの茎は地を這って延びます。

 それにしても、同じ「葵」(アオイ)でありがらもこうも違うとは不思議なものですねえ。

 *

*****







« タチアオイ(立葵)の花言葉って何? | トップページ | 京都・下鴨神社の「すえひろ」(扇子)にアレンジされている葉っぱは? »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/65963018

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の葵祭の「葵」って何? 立葵(タチアオイ)? 双葉葵(フタバアオイ)?:

« タチアオイ(立葵)の花言葉って何? | トップページ | 京都・下鴨神社の「すえひろ」(扇子)にアレンジされている葉っぱは? »