サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「梅雨」の語源は? 「ばいう」? 「つゆ」? 俳句「五月雨を…」(芭蕉) | トップページ | 東京・北の丸公園の今年のタチアオイは(立葵)は白花だけ? ピンクの花は… »

2016年6月 6日 (月)

「梅雨入り」になると”タチアオイ”(立葵)の花が… 花茎の下の方から頭頂部へと…

Img_0213

 *

 「梅雨葵」と呼ばれる花が咲きました。

 えっ、ツユアオイ? そんな花なんてありませんよ。ああ、梅雨の時季に咲くので俗にそう呼ばれているだけなんですね。

 実は、タチアオイ(立葵)なんです。アオイ科の多年草です。車庫のそばに咲いていますのでよく見ているはずなんですが、おっとっと、茎の上の方はつぼみばかりです。花は茎の下の方から開いています。意識したらそうと気がつくんです。

 花期は6月~8月です。梅雨入りの頃に咲き始めます。花茎の下の方から順に咲いていきますので、梅雨の季節の到来を知らせてくれる花なんです。と同時に、花茎の頭頂部まで開花が進んだ頃に梅雨が明けます。それでツユアオイ(梅雨葵)の別名があるんです。

 草丈はわが輩と同じくらいに伸びています。1.5m~2mくらいです。茎が立ち上がって伸びるので「立葵・タチアオイ」と命名されています。英名では「ホリホック」です。

 しばらくは梅雨空の下で立葵・タチアオイの季節感にひたるとしましょうか。

 *

*****




 

« 「梅雨」の語源は? 「ばいう」? 「つゆ」? 俳句「五月雨を…」(芭蕉) | トップページ | 東京・北の丸公園の今年のタチアオイは(立葵)は白花だけ? ピンクの花は… »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/65962515

この記事へのトラックバック一覧です: 「梅雨入り」になると”タチアオイ”(立葵)の花が… 花茎の下の方から頭頂部へと…:

« 「梅雨」の語源は? 「ばいう」? 「つゆ」? 俳句「五月雨を…」(芭蕉) | トップページ | 東京・北の丸公園の今年のタチアオイは(立葵)は白花だけ? ピンクの花は… »