サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 京都の”葵祭”(あおいまつり)の「葵」の意味は? 「カモアオイ」「フタバアオイ」… | トップページ | 下鴨神社(賀茂御祖神社)の「お白石持神事」を体験… »

2016年5月 6日 (金)

京都・下鴨神社の「お白石」(おしろいし)って何?

()Img_1578_2

 *

 下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町)朱印・祈祷受付前に「お白石」が置いてあります。握り拳を少し大きくしたくらいの石が樽に盛られています。

 ええっ、これが「お白石」? 確かに白く見えます。じっと目を凝らしてみます。おっ、花崗岩です。

Img_1592

 円く球形になっています。水の力で角(かど)が取れています。ということは鴨川の河原の石です。

 古来、社領地に住んでいた人々は鴨川の河原に出向いて神々の降臨に相応しい石を見つけ出して、式年遷宮のたびに石の取り替えをしていたそうです。

 しかし、明治初年の上知令によって河原の石を採取することが不可能になって、遷宮(せんぐう)ごとに行ってきた石の取り替えができなくなりました。そこで案出したのが「石拾い神事」です。

Img_1590

 御垣内の石を一旦持ち出します。そして、三年間お清めをします。このお清めを終えた石を「お白石」と呼ぶのです。そのあと、垣内に戻します。

 御垣内に敷きつめるために石を奉献するのですが、この神事を「お白石持神事」と呼んでいます。どんな神事なのか、のぞいてみたいですね。

 *

*****


« 京都の”葵祭”(あおいまつり)の「葵」の意味は? 「カモアオイ」「フタバアオイ」… | トップページ | 下鴨神社(賀茂御祖神社)の「お白石持神事」を体験… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/65370854

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・下鴨神社の「お白石」(おしろいし)って何?:

« 京都の”葵祭”(あおいまつり)の「葵」の意味は? 「カモアオイ」「フタバアオイ」… | トップページ | 下鴨神社(賀茂御祖神社)の「お白石持神事」を体験… »