サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 牡丹(ボタン)の花言葉は? 「風格」「高貴」「恥じらい」「壮麗」など多彩… | トップページ | 平戸ツツジは下の方から開花? 上は蕾(つぼみ)で下は… »

2016年4月28日 (木)

「立てば芍薬(シャクヤク)座れば牡丹(ボタン)歩む姿は百合(ユリ)の花」ってどんな発想?

Img_1468

 *

 牡丹(ボタン)といえば思い出すのが「立てば芍薬、座れば牡丹、歩む姿は百合の花」です。でもねえ、デリシャスで美しい花の立つ姿や歩む姿は想像できるのですが、座る姿というのはどこから発想したのでしょうか。

 「芍薬のように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚ですよ」と女性の美しさを形容しています。おっとっと、その女性というのは和服姿なのでしょうね。洋装の女性と和装の女性が座っている姿を想像してみます。やっぱり、洋服姿よりも和風の着物姿の方が似合っている感じです。

Img_1464

 あ、そうか、和服の女性が座るとなれば座布団の上です。華麗な女性は大きめの座布団の方が似合いそうです。ということは、葉っぱを座布団に見立ててその上に牡丹の花が座っているように見立てたのでしょうか。

 そういえば、牡丹には葉っぱが沢山あります。芍薬の葉っぱはそれほどでもないのですんなりと立った感じですし、百合は八頭身、いや十頭身のようにすっと伸びています。

 よし、芍薬や百合が咲き始めたらもう一度話題にしましょうかね。

 *

*****






« 牡丹(ボタン)の花言葉は? 「風格」「高貴」「恥じらい」「壮麗」など多彩… | トップページ | 平戸ツツジは下の方から開花? 上は蕾(つぼみ)で下は… »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/65220464

この記事へのトラックバック一覧です: 「立てば芍薬(シャクヤク)座れば牡丹(ボタン)歩む姿は百合(ユリ)の花」ってどんな発想?:

« 牡丹(ボタン)の花言葉は? 「風格」「高貴」「恥じらい」「壮麗」など多彩… | トップページ | 平戸ツツジは下の方から開花? 上は蕾(つぼみ)で下は… »