サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 春雪の中にスイセン? 閏年の2月29日は大荒れの天候で… | トップページ | 「会葬お礼の言葉」の書き方… 感謝の言葉に感動!  »

2016年3月 1日 (火)

「葉唐辛子」(はとうがらし)の佃煮(つくだに)のお土産  葉唐辛子の苦みと唐辛子の辛みが適度に…

Photo

 *

 あの辛い「トウガラシ」ではなくて「葉トウガラシ」? ああ、フライパンで油炒めして母親に食べさせられたアレですな。もう70年も前の子ども時分が思い出されます。

 ええっ、もうそんな歳? そうなんです、超熟年なんです。それはさておいて本題に戻ります。

 浅炊「葉唐辛子」の佃煮をお土産に貰いました。特選老舗の味と銘打ってありますが、栃木県観光物産協会推奨のとちぎ特産品です。冒頭写真がその包みです。

Photo

 佃煮です。葉唐辛子を淺炊きにして佃煮にしているんです。唐辛子の葉っぱです。葉唐辛子には少し苦みがあります。独特の臭みもあります。そのために子どもにとっては取りつきにくい食品の一つです。しかし、油で炒めたら味が変容します。おとなになったらそれが独特の風味となります。

Photo_2

 原材料は葉唐辛子です。これに醤油と砂糖をごま油で炒め、煮詰めたようです。あ、そうそう、唐辛子を混入しています。ほどよくぴりりとした感触が口に広がります。

 栃木県の戸辺食品(大田原市紫塚)の製造です。

Photo_3

 熱々のご飯に添えると風味が漂ってきます。独特の甘みが広がります。晩酌には日本酒がお似合いです。葉唐辛子の甘苦い風味と唐辛子の辛みが酒の味を美味くします。

 ありがとう、雅子さん。

 *

*****







« 春雪の中にスイセン? 閏年の2月29日は大荒れの天候で… | トップページ | 「会葬お礼の言葉」の書き方… 感謝の言葉に感動!  »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/64230534

この記事へのトラックバック一覧です: 「葉唐辛子」(はとうがらし)の佃煮(つくだに)のお土産  葉唐辛子の苦みと唐辛子の辛みが適度に…:

« 春雪の中にスイセン? 閏年の2月29日は大荒れの天候で… | トップページ | 「会葬お礼の言葉」の書き方… 感謝の言葉に感動!  »