« 後ろ向きで弓矢を射る大実験… NHK BSプレミアム 風雲!大歴史実験 | トップページ | 源氏を有利にした戦い方は「組討ち」? 風雲!大歴史実験「源平 壇ノ浦の戦い」 »

2016年3月23日 (水)

揺れる船上で弓矢を射る実験… 源義経はおきて破りで平氏に勝った? BSプレミアム風雲大歴史実験

Dscf3396

 *

 源義経は壇ノ浦で常識破りの奇策に出ています。

 平家物語には、《船頭や水夫たちは射殺され斬り殺されて船を操作することもできず、船底に倒れ伏してしまった》と描かれています。これは、源平合戦以前のルールとは大きく違っています。

 ええっ、それはどんなルール?

〔第一〕約束した時間と場所で戦うこと

〔第二〕戦い方をお互いに相談して決めること

〔第三〕非戦闘員は攻撃しないこと

 このような一定のルールのもとで武士は戦っていたのです。まるで現代のスポーツのようです。ところが源義経軍はそんなことはお構いなしで平家軍に弓矢を射たというのです。そうせざるを得ない事情に追い込まれていたようです。

Dscf3399

 船頭や水夫たちは海の戦いのために雇われています。武士でもなければ武器も持っていません。そこへ弓矢を向けるというのは戦いのルールを逸脱したおきて破りだというのです。

「義経、そこまでやるのか! ああ、武士の戦い方もすっかり変わってしまった」と平知盛。

「知盛、悪く思わないでほしい。これが新しい戦い、これが新しい時代なのだ」と源義経。

 *

Dscf3401

 ここで大実験です。

Dscf3402

 平知盛ひきいる平家の船が一艘用意されました。屈強な平家の水夫が船を漕いでいます。

 これを射るのは弓馬軍令故実武田流の3人の名人です。

Dscf3405

「的の方が揺れるだけでなく自分の方も揺れるので、いかに安定性を保てるかというのがポイントです」と名人。

 3人の乗る船から平家の船までは50m。普段の弓道の競技は60mですので少し短い設定です。陸上なら十分ねらえる距離なんですが、自分の船も敵の船もゆらゆらと異なるリズムで波に揺られています。

 さて、その結果は…

Dscf3409

 3人が放った12の矢は5つが的中しました。腰、腕、お腹、頭などに命中し、致命傷です。

 その様子は、《船頭や水夫は弓矢で射られ、船は操作することもできなくなった》と『平家物語』に描かれています。

 *

Dscf3411

 今回の実験では平家の船までは50mですが、実際にはさらに近づいて戦ったのかも知れません。そうなると、弓の名人でなくても勝利を得ることができたに違いありません。

 どうやら、源義経の戦い方は従来とは相当違ったものになってきているようです。一定のルールのもとに戦うというのではなくて、新しい時代の戦法に変容していきます。その戦法は、鎌倉時代、室町時代を経て江戸時代へと大きく様変わりをしていくんです。

 *

*****




« 後ろ向きで弓矢を射る大実験… NHK BSプレミアム 風雲!大歴史実験 | トップページ | 源氏を有利にした戦い方は「組討ち」? 風雲!大歴史実験「源平 壇ノ浦の戦い」 »

テレビ・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/64583554

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる船上で弓矢を射る実験… 源義経はおきて破りで平氏に勝った? BSプレミアム風雲大歴史実験:

« 後ろ向きで弓矢を射る大実験… NHK BSプレミアム 風雲!大歴史実験 | トップページ | 源氏を有利にした戦い方は「組討ち」? 風雲!大歴史実験「源平 壇ノ浦の戦い」 »

竹内流捕手腰廻小具足「柔術の源流」