サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 梅の花の時季になると「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ…」の歌が… | トップページ | 梅の香をかぐと「梅(むめ)が香に…」(芭蕉)の句を思い出すのですが今では… »

2016年2月 8日 (月)

日本では「旧正月」にお雑煮、中国や台湾では「春節」に餃子(水餃子)…

Img_0056

 *

 今年の2月8日は「旧正月」です。旧暦の1月1日です。もちろん、お雑煮で祝います。

 おっとっと、今時そんな風習が残っているのかって? ええ、熟年夫婦の子ども時分の風習が心の中に残っているんで、旧正月になると献立に「お雑煮」(冒頭写真)が登場するんです。

 *

 この日、中国や台湾では「春節」(しゅんせつ、チュンジェ)で大賑わいです。帰省ラッシュや日本への爆買いがニュースになったりします。中国の公式発表では、春節の休みは2月7日(日)の大晦日(除夕、大年三十)から2月13日(土)までの7日間です。2月6日(土)と2月14日(日)は振替出勤日です。日本とはずいぶん事情が違っています。

Img_0057

 もう数年前ですが、父親が台湾出身のオーストラリアの女性宅(日本の滞在先)で春節パーティをするというので赤いシャツを着込んで訪問したことがあります。日本の旧正月だったのですが台湾流に春節のお祝いをする席に招待されたのです。赤はめでたい色で、それを身につけることが父親の国のエチケットだと事前に聞かされていたのでわざわざ購入して出かけたのですが、後で聞いて気楽にすればよかったと反省しました。赤いハンカチやリボンなど赤いものを少しだけでも身につけておればそれで慶祝の心が伝わるそうなんです。

 そして出るわ並ぶわ料理の数々。その中でメインの料理は餃子(ぎょうざ)でした。いわゆる日本の餃子ではありません。水餃子(すいぎょうざ)です。メニューに「水餃子」と書かれていたので「みずぎょうざ」と言ったら集まったみんなに笑われてしまいました。「すいぎょうざ」なのですが、わが輩にとっては初めての料理だったのです。日本の正月といえば「お雑煮」なのですが、春節では「餃子(水餃子)」なのです。

 *

 日本も、かつては年越しといえば旧正月でした。明治維新になってから政府は太陰暦(旧暦)を太陽暦(新暦)に替えました。旧暦の1月1日に正月を迎えていたのですが、このときから正月は新暦の1月1日に変わってしまったのです。しかし、旧暦1月1日は「旧正月」として民間に定着し、わが輩の子ども時分はその風習を踏襲していました。そして、平成の世になってからはその風習はぱたりと途絶えてしまった感がします。

 *

 この春節は中国や台湾ばかりではなく、韓国や北朝鮮、ベトナム、シンガポール、インドネシアでも国の祝日として祝っているそうです。ええっ、東南アジアでは日本だけが浮き上がっているのでしょうか。

 「旧正月」=「春節」は太陰暦です。したがって、毎年、日が違うはずです。

 では、来年、2017年はいつ? 来年の旧正月、春節は1月28日です。2018年は2月16日だそうです。

 *

*****


« 梅の花の時季になると「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ…」の歌が… | トップページ | 梅の香をかぐと「梅(むめ)が香に…」(芭蕉)の句を思い出すのですが今では… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/63857666

この記事へのトラックバック一覧です: 日本では「旧正月」にお雑煮、中国や台湾では「春節」に餃子(水餃子)…:

« 梅の花の時季になると「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ…」の歌が… | トップページ | 梅の香をかぐと「梅(むめ)が香に…」(芭蕉)の句を思い出すのですが今では… »