サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の記事

2016年2月29日 (月)

春雪の中にスイセン? 閏年の2月29日は大荒れの天候で…

20160229

 *

 平年であれば2月は28日までなんですが、今年は閏年で29日まであります。何かしら1日だけ得をした感じになるって不思議ですねえ。

 でもねえ、今日の天候は何かしら変ですよ。第一、寒い! 夕方の気温は1℃でした。

 おっとっと、粉雪が舞い始めました。車の運転をしていたのですが、視界がよくないので徐行運転です。帰宅してみたら竹内流相伝家道場(岡山市北区建部町角石谷)はうっすらと雪化粧でした。

20160229_2

 それにしてもどうしたことでしょうか。北日本は大荒れです。吹雪いているようですが、風速20~30mとは大変です。まさか、1日だけ余分なので天候異変のおまけがついているんじゃないでしょうね。

20160229_3

 相伝家道場の片隅には綠がありました。今までは地面は土だけだったんですが、15㎝くらいの葉っぱが伸びています。

20160229_4

 あ、スイセンです。

 もう、春がやってきているんです。そういえば単に雪といっても、春雪なんですね。

 やがては黄色い花を咲かせるはずです。楽しみです。

 *

*****




2016年2月28日 (日)

オリンピックは閏年に開催? でも、その常識が…

20160228

 *

 あれれ、2月が逃げてもう3月です。子ども時分には「1月は”いぬる”、2月は”にげる”」と洒落を言って喜んでいたもんですが、今でもその気分はちょっぴりと残っています。

20160228_2

 おっとっと、そんなのんきなことを言っている場合ではありません。2月といえば28日というのが定番なのですが、今年は2月が29日まであります。4年に1回の閏年です。

Img_0151

 そういえば今年はリオ五輪(ブラジル)があります。オリンピックが閏年に開催されるというのは常識です。ということは、4年ごとに閏年となり、オリンピックが開催されることになります。

 ああ、そうそう、西暦年が「4」で割り切れたら閏年だと覚えています。

 *

 ちょっと待った! ほんとにそうなんでしょうか。ええーっと、確か2000年でしたが、コンピュータ上の誤差によって社会が混乱しました。いわゆる「2000年問題」です。

 日本を始め世界各国はグレゴリオ暦を採用していますが、次の三つの法則があります。

 ①西暦年が4で割り切れる年は閏年

 ②ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年

 ③その場合でも、西暦年が400で割り切れる年は閏年

 この三条件に当てはめると、2000年は4で割り切れますので閏年です。でも、②の条件を当てはめると平年です。ややこしいですな。それでも、③の条件では閏年となります。やっぱり、シドニー五輪(オーストラリア)のときも閏年だったんです。

 *

Img_0155

 東京オリンピックは? 2020年ですのでもちろん閏年です。4で割り切れますし、もちろん100では割り切れません。

 では、2100年は? ずいぶん先の話です。今から84年後です。①の条件、4で割り切れますが、②の条件、100で割り切れてしまいます。したがって、平年です。③の条件を当てはめてみても割り切れませんので、やっぱり平年です。

 あれれ、オリンピックは閏年に開催という常識から外れてしまいます。2100年は平年なのです。まあ、よほどのことがない限り開催されるでしょうがね。

 まあ、気の遠くなるような話です。

 *

*****



2016年2月27日 (土)

NHK BSプレミアム「風雲!大歴史実験」に竹内流の組討ちが登場するってどういうこと?

Img_0250

 *

 平安時代末期は武士の戦い方が変化した一大転換期であったとの仮説があります。義経の奇襲作戦の真実とはいったい何なのでしょうか。

 NHK BSプレミアム「風雲!源平壇ノ浦の戦い」に竹内流(たけのうちりゅう)相伝家一門(代表:竹内藤十郎)がVTR出演することになっています。となれば、竹内流の何かと何らかの関係があるのでしょうか。

 *

Img_0207

 竹内流は天文元年(1532)、美作国一ノ瀬城主竹内中務大輔久盛が編み出した古流武術です。戦国時代の組討ち、捕手(とりて)腰廻小具足(こしのまわりこぐそく)を中核にした総合武術として有名です。現在では「柔術の源流」と呼ばれています。

 しかしながら、壇ノ浦の合戦は「いい箱(1185)」です。元暦2年(1185)3月です。この戦いで源氏が平家を滅亡させます。そして文治元年(1185)11月に源頼朝が日本国総守護・同地頭に任じられ、守護・地頭を設置します。この段階で鎌倉幕府が成立し、源頼朝は建久3年(1192)に征夷大将軍となります。竹内流が創始されるよりも更に350年ほど前のことです。

Img_0284

 ずいぶん年代に隔たりがあります。しかしながら、源平合戦には組討ちという戦闘の形態があったのではないかという説があります。ひょっとすると、源氏は組討ちによって勝利を得たのではないかという仮説のもとに番組が進行するのではないかと思います。

 えっ、関門海峡の潮流説はどうなるの? 

 徳田章アナウンサーの司会進行で高橋英樹さんやタレントの喜屋武ちあきさん、歴史学者の本郷和人さんなどがどんな流れに展開していくのか、楽しみです。

 *

*****






2016年2月26日 (金)

源義経の奇襲作戦とは? NHK BS「風雲!大歴史実験」を通して壇ノ浦の戦いの実態に…

Img_0251

 *

 ええっ、3月18日(金)放送予定のNHK BSプレミアム「風雲!大歴史実験」の第三弾には、俳優の高橋英樹さんが出演? 

 そうなんです。

 司会は、NHKアナウンサーの徳田章さんです。

 ゲストは、俳優の高橋英樹さん、タレントの喜屋武ちあきさん、歴史学者の本郷和人さんです。

>>>

 源平壇ノ浦の戦い

 ~源義経、おきて破りの真実~

>>>

 なんと、壮大なテーマですし、豪華な司会、ゲストです。

 *

 大歴史チャレンジャー:おほしんたろうさんや山口県長門市、宇部市、下関市のみなさんがVTR出演します。山口大学ボート部や日本弓道連盟、弓馬軍礼故実武田流、武道振興会倭式騎馬會の皆さんも出演します。そして、竹内流(たけのうちりゅう)相伝家の一門も出演します。

 まさに大動員です。いったい、どんな番組なのでしょう。

 壇ノ浦の戦いが実際どのように行われたのかを探るのがテーマです。副題に「~源義経、おきて破りの真実~」とあります。

 文面どおりに勘案すると、義経が奇襲作戦をした感じです。ボート部の皆さんが出演するとなれば、潮流との関わりが試されるはずです。潮流で奇襲作戦? いやいや、これに弓馬、騎馬が出演するとなればまさに合戦の様相が濃くなります。弓馬、騎馬で奇襲作戦? でも、壇ノ浦は海上のはずなんですがねえ。ああ、そうか、弓矢であれば陸上から船(舟)に向かって射ることができますね。陸上から海上へ向かっての弓矢による奇襲作戦でしょうか。

Img_0332

 おっとっと、壇ノ浦の合戦(1185)よりも350年ほど後に創始された竹内流の一門が出演するとはいったいどういうことでしょうか。竹内流は天文元年(1532)に創始された捕手(とりて)で、現在では柔術の源流といわれています。ああ、竹内流といえば腰廻小具足(こしのまわり・こぐそく)の組討ちが有名です。ひょっとすると、この「組討ち」が紅白の勝敗を分けたとでもいうのでしょうか。

 なぞが深まります。3月18日(金)の放送が楽しみです。

 NHK BSプレミアム午後7時30分~9時の放送です。1時間半の長時間番組です。

 さてさて、高橋英樹さんはどんなおしゃべりをされるのでしょうか。歴史学者の本郷和人さんはどんな切り込みをされるのでしょうか。

 待ち遠しいですね。

 *

*****





2016年2月25日 (木)

源平壇ノ浦の戦いでは源義経(よしつね)がおきて破りの奇襲作戦をしたって?

P1060467

 *

 3月18日(金)放送のNHK BSプレミアム「源平壇ノ浦の戦い」のサブテーマは「源義経、おきて破りの真実」となっています。

 何なに、おきて破り? ということは、合戦にはあらかじめ決まり事のようなものがあったのでしょうか。合戦の常識めいたものを打ち破って勝利したとでもいうのでしょうか。

 *

 「風雲!大歴史実験」は、時代の転換点となった出来事を実験してみることによって、歴史のターニングポイントの意外な真相に迫るという、大型・歴史実験バラエティです。そのシリーズ第三弾が今回の「源平壇ノ浦の戦い」です。

 *

Img_0222

 元暦2年(1185)3月、栄華を誇った平家を源義経率いる源氏軍は壇ノ浦で壊滅させました。ここで疑問が起こります。海をよく知っているのは平家軍です。海戦を得意としています。それなにに、海をあまりよく知らない源氏軍はなぜ海上で勝つことができたのでしょうか。

 よく言われているように、潮流が源氏軍に有利で平家軍に不利だったからでしょうか。いわゆる潮流説です。それとも、源氏軍が平家軍の水夫を狙ったからなのでしょうか。

 番組では、壇ノ浦の戦いが実際にはどのように行われたのかを探るべく、さまざまな実験を敢行します。

 さて、どんな大実験が登場するのか楽しみです。

 *

*****




2016年2月24日 (水)

「源平壇ノ浦の戦い」ってどんな合戦? NHK BSプレミアム「風雲!大歴史実験」ではその合戦に挑戦…

P1060517_2

 *

 壇ノ浦の戦いは源平合戦の一つです。元暦2年(1185)3月24日、関門海峡の下関側にある壇ノ浦の沖合で行われた源氏と平家の合戦です。

 源氏軍によって四国の屋島を追われた平家軍は、豊後(大分県)に立ち寄って態勢を整えます。そして、壇ノ浦で源義経の軍勢を迎え撃つことになります。

 合戦は、初めのうちは平家軍に有利でした。しかし、戦いの途中で潮の流れが変わり、流れに乗った源氏が攻撃に転じます。平家の船は自由を失ってしまい、安徳天皇をはじめ平家一門は入水(じゅすい)し、大将の平宗盛は捕らえられ、平家は滅亡することになってしまいます。

 この合戦に因んで、義経が土地の古老に干満の度合いや潮流の変わる時刻を尋ね聞いていたという逸話があります。理にかなった話です。

 壇ノ浦の合戦で源氏が平家に勝利したのはこの潮流説が常識になっています。

 *

Img_0261

 おっとっと、NHK BSプレミアムの「大歴史実験」はこの常識に挑戦するのです。時代の転換点となった出来事を実験してみるというのです。

 まあ、とてつもないことを思いついたものですなあ。3月18日(金)の午後7時30分~9時の放送です。

 *

*****



2016年2月23日 (火)

壇ノ浦の戦いのあとに成立した鎌倉幕府は「いい国(1192)」? それとも「いい箱(1185)」? 中学校社会科教科書では…

Photo

 *

 「イイクニ作ろう鎌倉幕府!」

 そんな語呂合わせで日本史の年号・史実を一生懸命覚えた記憶はありませんか。鎌倉幕府は1192年に成立したと覚えていませんか。

 でもねえ、今ではそれは「?」です。不正解なのです。私のアタマの中では「ヒトビト クニをつくろう」です。1192年に源頼朝がいいクニをつくったと覚えていました。しかし、それでは子どもに笑われてしまう世の中になっています。

 ええ~っ!

 *

 中学校の社会科の教科書ではどのように扱っているのでしょうか。

◇ 東京書籍

 鎌倉幕府が開かれたのは1185年としています。源頼朝が征夷大将軍になったのは1192年です。それより前の1185年には守護・地頭を置いて権力基盤を築いています。このときを実質的な開幕としています。

◇ 帝国書院

 教科書にはこんな記述をしています。

源頼朝は、1192年に征夷大将軍となり、武士による新しい政治を始めました。頼朝の開いた鎌倉幕府は、家来となることを誓った武士を御家人にして先祖から引き継いできたその領地の支配を認め、てがらに応じて新たな領地や守護・地頭の職を与えました(御恩)。》

 あれれ、ここでは征夷大将軍になったのが1192年だと記述していますが、幕府が開かれたとは書かれていません。鎌倉幕府の成立を単独年にしてしまわないで、段階を踏んで完成したと捉えています。

 *

Photo_2

 上の画像は帝国書院のものですが、どうやら教科書出版社によって記述が少しずつ異なるようです。がしかし、細かくみていくとどれもが間違いではありません。どこに比重を置いた書き方になっているかの違いです。

 鎌倉幕府に関するおもな動きをまとめてみます。

①1180年:頼朝が鎌倉に侍所を設置。

②1183年:朝廷から頼朝の東国支配権承認の宣旨。

③1184年:公文所(のちの政所)・問注所を設置。

④1185年:守護・地頭を設置。

⑤1190年:頼朝が右大将、日本国総守護地頭。

⑥1192年:頼朝が征夷大将軍。

 *

Img_0324

 おっとっと、こうしてみると、1185年、元暦2年・文治元年は重要な年になりそうです。

>>>

◇1185年3月に源平壇ノ浦の合戦が行われ、平家一門は滅亡してしまいます。この合戦をNHK BSプレミアムが取り上げようとしているのです。

◇1185年4月に頼朝は従二位に叙せられ、公文所を政所と改称します。

◇1185年11月に頼朝は日本国総守護・同地頭に任じられ、守護・地頭を設置します。

>>>

 いよいよ、武家政権の誕生です。つまり、権力基盤の作られた1185年11月の時点が鎌倉幕府の成立とみなされるようになりました。そして、1192年に頼朝は征夷大将軍となるのですが、ここで鎌倉幕府は完成したという見方になっています。

 どうも、ややこしいですな。

 では、どんな語呂合わせをしているのでしょうか?

 最近では、「いい箱(1185)作ろう鎌倉幕府」が定番になっています。いい箱(1185)が成立で、いい国(1192)が完成ということですか。

 へえ~っ! 

 *

 何はともあれ、1185年3月の壇ノ浦の合戦で源氏が平家を滅亡させたことが一大転機だということです。平安時代から鎌倉時代への大転換です。

 NHK BSプレミアム「風雲!大歴史実験」は、その転換点となった壇ノ浦の戦いに迫る番組です。3月18日(金)が楽しみです。

 *

*****

2016年2月22日 (月)

NHK BSプレミアム「風雲!大歴史実験」が源平壇ノ浦の戦いに挑戦…

Img_0385

 *

 何なに、源平壇ノ浦の戦い?

 3月18日(金)のNHK BSプレミアムで「風雲!大歴史実験」の第三弾が放送されることになっています。「源平壇ノ浦の戦い」の真相に迫る大実験です。

 *

 ここでクイズです。

>>>

【もんだい】壇ノ浦の合戦が行われたのはどの時代ですか。

A( )平安時代

B( )鎌倉時代

C( )室町時代

>>>

 正解は【A 平安時代】です。平安時代末期です。

 えっ、平安時代? 平安時代は貴族の世の中ではないの?

 そうなんです。小学校6年生の社会科では確かに「貴族の世の中」と指導しています。貴族の世の中なのに、鎧兜に身をくるんで合戦をしていたなんて、アタマが混乱してしまいます。それでいいんです。貴族の世の中に武士が台頭してきたのです。そして、元暦2年(1185)、壇ノ浦の合戦が行われ、源義経(よしつね)率いる源氏軍が瀬戸内海の壇ノ浦で平家軍を壊滅させます。貴族の政治の終焉です。

 つまり、壇ノ浦の合戦は、貴族の世の中から武士の世の中へ移行するだいじな局面なのです。そしてこの年から源氏の総大将である源頼朝(よりとも)が実質的な支配をするようになります。

 *

 壇ノ浦の戦いは貴族政治から武家政治へ移行する大転機となったのですが、さて、どんな大歴史実験が行われるんでしょうか。しばらくは、合戦に関する予備知識のあれこれにチャレンジしてみます。

 *

*****




2016年2月21日 (日)

竹内流相伝家道場でNHKBSプレミアム「風雲!大歴史実験」のロケが…

Img_0264

 *

 ええっ!と驚きでした。NHKBSプレミアムで3月に放映される「風雲!大歴史実験」に竹内流柔術・捕手腰廻小具足を登場させるという構想が持ち上がりました。

 竹内流(たけのうちりゅう)が創始されたのは天文元年(1532)のことですので戦国時代です。それより350年ほどさかのぼる源平合戦の一つ、壇ノ浦の合戦(1185)を描く番組です。その番組の中で「組討ち」について画像と解説で竹内流相伝家が協力するという段取りでロケが行われました。2月21日のことで、場所は相伝家道場(岡山市北区建部町角石谷)の文政道場、同道場前広場、昭和道場です。

>>>

Img_0369

 竹内流一門の解説・演武者は…

【解説者】

0 竹内流相伝家十三代目:竹内藤十郎

【演武者】

0 竹内流師範代(相伝家代行):竹内秀将

0 竹内流師範代(相伝家代理):竹内勢至

0 竹内流師範代:多賀俊郎

0 竹内流師範代:國政知宏

>>>

 さて、どんなロケが行われたのでしょうか。また、どんな内容の放送なのでしょうか。追って、シリーズでご紹介します。

 *

*****





2016年2月20日 (土)

暦の上では「雨水」となり、時候のあいさつに「水温(ぬる)む候」と…

Photo

 *

 2月19日は暦の上では「雨水」(うすい)でした。

 明鏡国語辞典第二版には「雨水」にこんな説明がしてあります。

>>>

 う‐すい【雨水】

 〘名〙

 ①雨の水。雨水あまみず。

 ②二十四節気の一つ。太陽暦では二月十九日ごろ。

 ◇雨水がぬるみ草木が芽ぐむころの意。

>>>

 もちろん、暦の上の「雨水」は②の意味です。二十四節気の一つです。太陽暦では2月19日頃だそうです。

 おっとっと、旧暦ではどうでしょうか。今年は、太陽暦・新暦の2月19日は太陰暦・旧暦では1月12日です。ずいぶん離れているような感じです。

 そこで高島暦で「雨水」の意味を検索してみます。

>>>

 雨水(うすい)

 2月19日頃、寅月(とらづき)の中気。降っていた雪が雨となり、積もっていた雪や氷も溶けて、水がぬるむという意味です。

>>>

 「寅」(とら)といえば旧暦1月のことです。寅の月は正月であり、また、立春の時です。草木が春の暖かさによって地上に芽を出す状態が「寅」には込められているそうです。

 ああ、そうか、新暦と旧暦は全然別物ではないんですね。ちゃんと連動しています。

 *

 「水温む候となりましたがお元気のことと…」

 こんな便りにお目にかかる時候が訪れました。暦の上の「雨水」がその目安です。「温む」はもちろん「ぬるむ」です。

 ああ、なるほど、時候(四季それぞれの気候)のあいさつは「二十四節気」を調べて書けばいいってことですね。

 *

*****












2016年2月19日 (金)

第一生命の「サラリーマン川柳コンクール」の一般投票受付中! わが輩は…

Photo_2

 *

 よし、この句に投票だ!

 第一生命の「サラリーマン川柳」の一般投票に参加しました。ネット参加です。誰でも投票できます。

 次のサイトを検索して挑戦してみてください。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/sp/

サラリーマン川柳コンクール - 第一生命保険

 *

 どの句に投票したのかって? それはヒ・ミ・ツ!

 昨日のブログに☆印をつけた句と今日のブログの☆印をつけた句のなかから選んでいます。

 今日は、21)~100)のなかから気になる句だけを抜き出してみます。

 *

21) どっちだよ上司の意見両極端

26)☆お風呂場で全裸ポーズを試す父

29)☆球拾いだったオレにも背番号(マイナンバー)

32)☆退職金もらった瞬間妻ドローン

37) また替えたレッスンコリナイママの趣味

38)☆肌年齢母とまさかの同い年

39)☆ならいごと去年テニスで今ラグビー

43)☆じいちゃんが建てても孫はばあちゃんち

48) うちの妻ドローンがなくともお見通し

52)☆花束を妻へも分けて定年日

53) ジム通い結果が出ずに腹が出る

56) 妻が見る「きょうの料理」明日も出ず

57) 世の夫五郎丸より拝んでる

67)☆元気出る魔法の言葉「孫来るよ」

73) 愛犬も家族の番付知っている

76) 娘来て「誰もいないの?」オレいるよ

93) 娘とのままごとで知るママのグチ

96)☆「一言で言えば」の話が一時間

97) 俺よりも役に立ってる微生物

 *

 一般投票の結果は5月下旬に第一生命ホームページで発表されます。

 さて、ベストテンに選ばれるのはどの句? 楽しみです。

 *

*****








2016年2月18日 (木)

「キミだけはオレのものだよマイナンバー」… 第一生命「サラリーマン川柳」の一般投票を受付中

Photo

 *

 う~ん、なるほど、わかるわかる、えっ、そんなあ。

 昨日のブログで紹介した第一生命の「サラリーマン川柳」100作品なのですが、軽妙なくすぐりで思わずにんまりとなります。一般投票でベストテンが選ばれることになっていますが、その詳細は後日の紹介とします。まずは一覧の(1)~(20)の句を概観してみます。

 作者名は省略して、どんな句が選ばれているのかを眺めてみます。

 ☆印の句はわが輩のお気に入りです。

 *

1)☆キミだけは オレのものだよ マイナンバー

2) 本物の ビール3本 わが爆買い

3) みつをから 修造になる 父語録

4) 「何欲しい?」 「ママのトリセツ」 子が真顔

5) 下町が 見せた 日本の底力

6) 「ご」を打つと 自動変換 「ごめんなさい」

7) 部下の言う 「課長やばい」は 褒め言葉

8) どうなった? 「確認します」は やってません

9) 社の無駄を すべて知ってる シュレッダー

10) 課長また アレコレ詐欺の ような指示

11) 「出来ません!」 言えるあなたは 勝ち組です

12) 「まぁ聞けよ」 もう聞きました 5回ほど

13) ただでさえ 無礼な部下の 無礼講

14) 安月給 伸びしろあると 褒められる

15) ミスをして てへぺろ返す オレの部下

16)☆決めるのは いつも現場に いない人

17) 男より トイレを磨け と妻が言う

18)☆イクメンは 子よりも妻に 気を使い

19)☆わが家では イエスかハイの 二択制

20)☆辞書にない 難読難解 生徒の名

 【以下、21)~100)と続きます】

 *

 発表された100作品について一般投票が行われます。

 あなたならどの作品に投票しますか。次回はそれを探ってみます。

 *

*****





2016年2月17日 (水)

第一生命が「サラリーマン川柳」入選100作品を発表 このなかからベストテンが…

Img_0179

 *

《 退職金もらった瞬間妻ドローン 元自衛官

 大手保険会社の第一生命が2月17日に発表した「サラリーマン川柳」入選100作品の一つです。

 夜7時からのNHKニュースで紹介されたのですが、サブキャスター桑子真帆さんがキャスターの武田真一さんにこんなことをしゃべっていました。

「奥様も羽根を伸ばしてドローンみたいにお出かけざんまいということでしょうか」

 なあるほど、お出かけですか。ドローンみたいに羽根を伸ばしてね。これだけ退職金があればねえ。おっとっと、お出かけといってもショッピングじゃなさそうです。亭主の前からドロンしてしまうんですね。

 このように、ドローンなど世相を反映した句が多いようです。 

《 うちの妻ドローンなくともお見通し 孝ちゃん

 そりゃあ、うちの妻は万物の霊長ですよ。ドローンを飛ばす前から何もかもわかってるんですからね。

 *

Img_0195

 ラグビーの五郎丸歩選手にちなんだ句も目立ちます。

《 世の夫五郎丸より拝んでる サラ川を楽しむ会副会長 

「家庭でも奥さんより立場が弱いということでしょうか」

 桑子真帆さんのコメントです。

《 トライしてずっと寝たママごろん丸 風人

「ごろん丸ですか。ママだってごろんしたい日がありますよね」

 五郎丸をごろん丸とかけました。桑子さんはママの気持ちを受け止めました。

《 ”ならいごと”去年テニスで今ラグビー 》

 ラグビーもそうですが錦織圭選手のテニスも盛り上がっています。

《 エアKをまねて着地でくじく足 ハルル

 エアKは格好いいですね。まねている人を想像したら滑稽です。

 *

 今年はサラリーマン川柳に約4万句が寄せられたそうです。このうちから100作品が入選となり、このほど発表されました。このなかから一般投票が行われ、5月下旬にベストテンを決定する段取りです。

 *

*****



2016年2月16日 (火)

オリンピックのレスリング競技は柔道競技の後で畳をマットに模様替えして、同じ会場で…!

Img_0167

 *

 NHK「サンデースポーツ」にゲスト出演した浜口京子さんから意外なことを聞きました。オリンピックのレスリング競技と柔道競技は同じ会場で行われるそうです。もちろん、同時ではありません。柔道競技が終わった後に模様替えをして、あらためてレスリング競技を行うのです。

 ああ、そうだったんかと、わが輩は初めて知りました。

 *

 一橋忠之キャスターと浜口京子さんの掛け合いです。

「浜口さん、柔道と何か接点がありますか」

「はい、オリンピックの会場が、柔道の試合のあと、レスリングの会場になりますから」

 ああ、柔道の試合が終わってから畳をマットに模様替えして、そこでレスリングの競技が行われるってことですね。

「そういった意味でね、元気をもらって、日本の選手の活躍を見ながら次は私たちだといってね、がんばろうという意気込みで臨ませてもらっているのでねえ、いつも応援していますよ」

 おお、なるほど。まあ、浜口さんのすらすらとおしゃべりすることの小気味よさ! 聞いていてすかっとします。

 スタジオでもマット上と同じように無駄がなくすばしこいです。

 *

*****





2016年2月15日 (月)

体操競技に新しい技「シライ3」を認定! 「後方伸身2回宙返り3回ひねり」 レスリング競技には…

Img_0164

 *

 ええっ、体操男子の白井健三選手(19歳)がまた新しい技を? いえいえ、去年(2015)12月に行われた豊田国際大会で披露した「ゆか」の技が国際体操連盟から新しい技として認定されたというニュースです。

Img_0154

 「後方伸身2回宙返り3回ひねり」という技で、「シライ3」と名づけられました。NHK「サンデースポーツ」にゲスト出演した浜口京子さんが「スピードがありすぎてわかりません」とコメントしていましたが、すげえ!と思っている間に終わってしまいます。後方に身を伸ばしたまま跳び上がって2回転してから更に3回も身をひねって着地するとはまさに仰天です。

 難度は男子では最高の「H難度」です。

Img_0160

 あれれ、「シライ」と名前のついた技はこれで四つになりました。

①シライ/グエン(ゆか)

  「後方抱え込み2回宙返り3回ひねり」

②シライ2(ゆか)

  「前方伸身宙返り3回ひねり」

③シライ3(ゆか) ※今回の認定

  「後方伸身2回宙返り3回ひねり」

④シライ/キム・ヒフン(跳馬)

  「伸身ユルチェンコ3回ひねり」

 *

Img_0163

 これは体操競技の場合なんですが、番組に出演した浜口京子さんによればレスリングでも人の名前のついた技があるそうです。

「カレリーズリストというグレコローマンの男子の選手がこう返すんですけどね」

 浜口さんが自分の手を動かしながら説明します。

「その選手の技がオリジナルでありました。あこがれましたねえ」

Img_0166

 そこで一橋忠之キャスターと浜口京子ゲストとの掛け合いです。

「浜口スペシャルってないんですか?」

「私の場合は、父ゆずりの”キ・ア・イ”というのがありますよ」

「それが浜口スペシャル?」

「そうです」

「じゃあ、この番組の中でもちょいちょい聞かせてもらいたいと思います」

「はい、わかりました」

 こりゃ、楽しみです。

 *

*****

※ NHKテレビの画像を引用させていただきました。

*****

2016年2月14日 (日)

NHKテレビ「サンデースポーツ」に出演したかわいい美人はレスリングの浜口京子さん? ゲスト出演で笑顔いっぱい…

Img_0139

 *

 あれっ、こんなに愛くるしいNHKキャスターがいたかな。いったいだれ? 見たことがあるようでそうでないような… NHKテレビ「サンデースポーツ」の画面に映った若い美人を見てそう思ってしまいました。

 実は、女子レスリングの浜口京子さんがゲストとして招かれたのです。冒頭写真がそうです。

 * 

Img_0136

 番組内容は多彩でした。

▽猛虎復活! 阪神金本に下柳が迫る

▽アルペンW杯の迫力体感

▽ユース五輪にフィギュア新星

▽激戦! 柔道代表争い

 浜口京子さんはマンスリーキャスターとしてゲスト出演です。レスリングマット上での魅力とはひと味違った魅力がスタジオに漂っていました。「浜口京子選手」の魅力を漂わせながら、「浜口京子さん」としての魅力を笑顔で振りまいていました。

 若さいっぱいでした。常に笑顔です。言葉がはっきりしています。

 こりゃあ、「サンデースポーツ」が待ち遠しいです。日曜日の夜10時からが楽しみです。

 *

*****

※ NHKテレビの画像を引用させていただきました。

*****

2016年2月13日 (土)

えっ、バレンタインチョコ? ありがとう、おまえと一緒でよかった!

J20160214

 *

「ほんのちょっとした気持ちです」

 そう言われて受け取ったのが冒頭写真の小さな箱です。「ロイス生チョコレート オーレ」です。

 女性からのプレゼントです。毎日顔を合わせている女性からです。

「おう、そうか、ありがとう」

 そう言って受け取ったのですが、つい不用意な声が出てしまいました。

「あ、白いもんのお返しはもうできなくなくて…」

 あっ、しまったと思ったのですが時すでに遅し。男だからこそ言える文言が口から飛び出してしまったのです。その真意が分かってかどうか定かではありませんが、すぐに声が帰ってきました。

Img_0089

「怒られなければそれが一番!」

 そうなんです、わが輩の最近の傾向は感情をぶつける相手が固定しているんです。たった一人の女性に対してだけなんです。テレビの感動場面に思わず涙がわき起こるのはいいとして、むしゃくしゃしたときの感情の吐き出し口は彼女だけに向けられているんです。極端になっているなと薄々気づいていますが、コントロールがむずかしくなってきています。

 そんなことって許せない! そう思っているんですが、残り少ない時間を思えば焦って感情が高ぶってしまいます。

 ごめんなさい。わが輩の父親もそうでしたし、人生の大先輩もそうでした。言い訳はしません。

J20160214_2

 ただ素直に、そっと心に言い聞かせました。

「ありがとう。やっぱりおまえと一緒でよかった!」

 2月14日はバレンタインデーです。

 *

*****


2016年2月12日 (金)

戦国の武将:宇喜多秀家(岡山城主)の遺影の前にはバレンタインチョコがいっぱい!

Img_0120

 *

 2月14日といえばバレンタインデーなのですが、岡山城の天守閣を築いた宇喜多秀家(1573~1655)はバレンタインチョコをいっぱいプレゼントされているんです。えっ、戦国の世の武将にはチョコレートなんて関係ないって?

Img_0124_2

 岡山市街地のど真ん中にある光珍寺(岡山市北区磨屋町)は宇喜多公の菩提所です。昭和20年(1945)に戦災で焼失しましたのでその後鉄筋コンクリートで再建されていますが、エレベーターで3階へ上がってみてびっくり。何と秀家公の遺影の前(冒頭写真)にはチョコレートがびっしりとお供えしてあるんです。

 *

Img_0102

 宇喜多秀家といえば豊臣秀吉に寵愛され、岡山城の天守閣を築いたことで有名です。徳川家康などとともに豊臣五大老の一人です。その秀家は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦で西軍に属して敗れました。味方であるはずの小早川秀秋(1582~1602)が東軍へ寝返ったのが大きな理由です。そのために岡山城は小早川秀秋が城主となり、宇喜多秀家は八丈島へ流されてしまいました。

Img_0121

 そんな秀家を慕う哀愁の気持ちがふるさと岡山には流れているのでしょうか。

Img_0118

 あれれ、この時期だからかも知れませんが、女性の姿が圧倒的です。ひょっとすると直家のイケメン性が大きいのかも知れません。

Img_0106

 それにしても、チョコレートの山が築かれるとは不思議な現象です。

 

 *


 *

 *

2016年2月11日 (木)

殻付の「寄島かき」を蒸して伝統調理

Img_0070

 *

 おう、蒸し器から取り出した殻付きカキは口を開けています。小見山さんから戴いた「寄島かき」(岡山県浅口市寄島町の小笠原水産製)です。

20160210_3

 加熱用のカキです。蒸したり焼いたりして食べるんですが、手っ取り早い食べ方は蒸し器での加熱です。この方法は岡山ならではの伝統調理法です。

Img_0069

 ああ、今晩の晩酌は格別美味いです。ええっ、酒が美味い?カキが美味い? どちらも美味いんです。

 *

*****




 

2016年2月10日 (水)

岡山県浅口市は県下有数のカキの産地 「寄島かき」が宅配便で…

Img_0075

 *

 宅配便でどさっと運び込まれた一斗缶(18リットルのブリキ缶)に何と殻付きのカキがびっしりと入っています。「寄島かき」とラベルが貼ってあります。

20160210

 小見山さんからの贈り物です。小笠原水産(岡山県浅口市寄島町)のカキです。もちろん、瀬戸内海の特産品です。

 寄島は岡山県内有数のカキの産地です。特に寄島カキは濃厚な味で有名です。11月から3月にかけては直販所でにぎわったり宅配販売も行われているそうです。

 あれれ、インターネットには値段が載っています。

***

 殻付き(大)  10㎏ 6,500円~7,000円

           5㎏ 3,300円~3,500円

 殻付き(小)  10㎏ 4,500円~5,000円

           5㎏ 2,300円~2,500円

***

 へえーっ、ずいぶん高価ですねえ。

 小見山さん、ほんとうにありがとう。

 *

*****




2016年2月 9日 (火)

梅の香をかぐと「梅(むめ)が香に…」(芭蕉)の句を思い出すのですが今では…

Img_0021

 *

 立春を過ぎても寒いです。余寒です。朝早く、山路を歩いていました。すると、どこからか梅の香が漂ってきます。あれれ、その香に誘われるように朝日がのっと顔を出したではありませんか。

***

 梅が香にのっと日の出る山路かな

             芭蕉

***

 あまりにも有名な、松尾芭蕉の句です。『炭俵』所収です。季語は「梅が香」で、季は春です。「のっと」と「山路かな」の響きが好きです。

 そして、「梅が香」の語は「むめがか」と読むのだと人見たき先生に教わったのを思い出します。数十年前の高校国語乙(古文)の時間です。ずいぶん年月が経っていますが、未だにアタマに刻み込まれているって不思議です。したがって、「梅」の文字に出会ったら今でも「むめ」と読んでしまいます。

Img_0008

 でもねえ、最近のわが輩はその梅の香を感じなくなりました。匂いと臭いの区別がつかなくなっているんです。したがって今では、梅の花が咲いているのを眺めて、いい香が漂っているんだろうなあと想像を巡らしています。

 まあ、それはそれでいいじゃありませんか。周りの人はいい香り!って言っているんですけど、ああ、そうかと達観している昨今です。超熟年になると想定外のことが次から次へと起こってくるんです。

 *

*****









2016年2月 8日 (月)

日本では「旧正月」にお雑煮、中国や台湾では「春節」に餃子(水餃子)…

Img_0056

 *

 今年の2月8日は「旧正月」です。旧暦の1月1日です。もちろん、お雑煮で祝います。

 おっとっと、今時そんな風習が残っているのかって? ええ、熟年夫婦の子ども時分の風習が心の中に残っているんで、旧正月になると献立に「お雑煮」(冒頭写真)が登場するんです。

 *

 この日、中国や台湾では「春節」(しゅんせつ、チュンジェ)で大賑わいです。帰省ラッシュや日本への爆買いがニュースになったりします。中国の公式発表では、春節の休みは2月7日(日)の大晦日(除夕、大年三十)から2月13日(土)までの7日間です。2月6日(土)と2月14日(日)は振替出勤日です。日本とはずいぶん事情が違っています。

Img_0057

 もう数年前ですが、父親が台湾出身のオーストラリアの女性宅(日本の滞在先)で春節パーティをするというので赤いシャツを着込んで訪問したことがあります。日本の旧正月だったのですが台湾流に春節のお祝いをする席に招待されたのです。赤はめでたい色で、それを身につけることが父親の国のエチケットだと事前に聞かされていたのでわざわざ購入して出かけたのですが、後で聞いて気楽にすればよかったと反省しました。赤いハンカチやリボンなど赤いものを少しだけでも身につけておればそれで慶祝の心が伝わるそうなんです。

 そして出るわ並ぶわ料理の数々。その中でメインの料理は餃子(ぎょうざ)でした。いわゆる日本の餃子ではありません。水餃子(すいぎょうざ)です。メニューに「水餃子」と書かれていたので「みずぎょうざ」と言ったら集まったみんなに笑われてしまいました。「すいぎょうざ」なのですが、わが輩にとっては初めての料理だったのです。日本の正月といえば「お雑煮」なのですが、春節では「餃子(水餃子)」なのです。

 *

 日本も、かつては年越しといえば旧正月でした。明治維新になってから政府は太陰暦(旧暦)を太陽暦(新暦)に替えました。旧暦の1月1日に正月を迎えていたのですが、このときから正月は新暦の1月1日に変わってしまったのです。しかし、旧暦1月1日は「旧正月」として民間に定着し、わが輩の子ども時分はその風習を踏襲していました。そして、平成の世になってからはその風習はぱたりと途絶えてしまった感がします。

 *

 この春節は中国や台湾ばかりではなく、韓国や北朝鮮、ベトナム、シンガポール、インドネシアでも国の祝日として祝っているそうです。ええっ、東南アジアでは日本だけが浮き上がっているのでしょうか。

 「旧正月」=「春節」は太陰暦です。したがって、毎年、日が違うはずです。

 では、来年、2017年はいつ? 来年の旧正月、春節は1月28日です。2018年は2月16日だそうです。

 *

*****


2016年2月 7日 (日)

梅の花の時季になると「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ…」の歌が…

Img_0017

 *

 梅の花を眺めるとどうして「東風吹かば…」の歌を思い起こすのでしょうかね。

 えっ、どんな歌? 菅原道真(845~903)が太宰府(福岡県太宰府市)に流され、京の都にある梅を偲んでしたためた歌です。

***

 東風吹かば匂ひおこせよ梅の花

 主なしとて春な忘れそ

***

 道真は元々は低い身分でしたが学問に優れていたために右大臣にまで出世しました。それを左大臣の藤原時平(871~909)からねたまれ、あらぬ罪を着せられて太宰府に左遷させられました。梅が大好きだった道真は、京都の紅梅殿の梅を思い出しました。春が近くなって東風が吹くようになったら花を咲かせて香りを届けてくださいよ。私(道真・菅公)がいなくても春をわすれないでね。よほど梅が好きだったのでしょうね、そんな歌を詠んだのです。

 太宰府天満宮の右手に「飛梅」がありますが、道真をしたって飛んで来たのでしょうか。その飛梅の傍らに説明板が立ててありますが、そこには上のような歌が紹介されているのです。

 ここで注目すべきは、下七が「春な忘れそ」となっていることです。それなのに、下七は「春を忘るな」だという人がいます。『拾遺和歌集』にはそう出ているというのです。

***

 東風吹かば匂ひおこせよ梅の花

 主なしとて春を忘るな

***

 へえーっ、流された太宰府の現地には説明板がちゃんとあるのに、そうではないという説がまかり通るのはいったいどうしたことでしょうか。

 えっ、わが輩はどちらを採るのかって? そりゃあ、道真が流された太宰府天満宮のものに決まっていますよ。飛梅のそばにある説明板には『春な忘れそ」と書いてあるんですからね。これは、『大鏡』に表記されているものと同じです。

 もう、アタマに染みついているんです。学校教育や観光名所巡りって怖ろしいものですね。そんなに思い込んでいるんです。

 さて、あなたはどっち? 「春な忘れそ」? それとも、「春を忘るな」?

 *

*****








2016年2月 6日 (土)

ラグビーの「五郎丸」選手に関係あり? 織田信長朱印状の冒頭にある「五郎丸」とは?

Img_0034

 *

 まあ、びっくりしましたよ、「天下布武」の朱印状の冒頭に「五郎丸」と書かれているんで。五郎丸といえばラグビーでお馴染みの選手です。超熟年のわが輩までもがDVDを手元に置きたくなるほどの選手ですが、冒頭写真はそのパッケージの一部分です。

20160205_2_2

 上の写真がそうなんですが、確かに「五郎丸」と読めますね。織田信長の朱印状の冒頭に毛筆で書かれているんですよ。

 現在(1月2日~2月14日)、林原美術館(岡山市北区丸の内)で『企画展:戦陣に舞う揚羽蝶~池田家草創期~』が開催されているんですが、展示品の中に「五郎丸」の名前が墨書されているんです。『養徳院宛織田信長朱印状』(林原美術館所蔵池田家文書)の冒頭部分なのですが、ちらしの一部をあらためて紹介します。

20160205

***

《五郎丸方与八

 分百五拾貫文

 の事 まいらせ候

 なをきうめい

 て候て申付らるへ

 く候

 かしく 》

***

 これが本文です。

 続いて

《元亀四

 六月十八日 (織田信長)

          (朱印)

 大御ちへ 》

 となっています。

 朱印はあの「天下布武」です。織田信長の朱印です。

 これほどのものを貰った「大御ち」(おおおち)というのはどんな人物なのでしょうか。

 *

 織田信秀には後に信長となる吉法師という男子がいましたが、乳母(めのと)の乳房を噛み切ってしまうほど癇性(かんしょう)が強かったそうです。ところが、池田恒利の妻が乳母になるとその癇性がおさまったと『池田家履歴略記』には記されています。そのために恒利の妻は信秀の信頼を得てのちに「大御ち」と呼ばれるようになりました。

2016005_2

 この大御ちこそは、昨日のブログで紹介した池田恒興(つねおき)の母君です。えっ、恒興? 昨日のブログで紹介した鎧着用の武者です。「信長之遊相手」とされた恒興です。この恒興の母君・大御ちは夫の恒利が亡くなると、落飾して養徳院と名乗りました。織田信長の朱印状はこの養徳院宛だったのです。

 *

 おっとっと、忘れてしまうところでした、「五郎丸」というのは尾張国丹羽郡五郎丸村のことです。現在は愛知県犬山市になっています。先の冒頭部分を現代語訳にしますと、《五郎村のうちでこれまで与八の所領であった一五〇貫文の土地をあなたに進上いたします》ということです。織田信長が池田恒興の母上に所領を与えるという朱印状だったのです。

 まあ、それにしてもタイミングのいい展示ですね。

 *

*****




 



2016年2月 5日 (金)

戦陣に舞う「揚羽蝶」(あげはちょう)は岡山藩主池田家の家紋?

2016005

 *

 アゲハチョウが横を向いて泊まっているデザインの紋は「泊蝶紋」(とまりちょうもん)と呼ばれます。冒頭画像の図柄がそうです。林原美術館(岡山市北区丸の内)で『企画展:戦陣に舞う揚羽蝶~池田家草創期~』(1月2日~2月14日)が開催されていますが、そのちらしの一部です。

 この泊蝶紋は、戦国武将として活躍した池田恒興(つねおき、1536~1584)が織田家から拝領したものといわれています。

 *

2016005_2

 ちらしに鎧をまとった武将(左側の人物)が描かれていますが、この人が池田恒興です。恒興は10歳のときに織田信長(1534~1582)の児小姓(こごしょう)として召し出されました。信長は恒興よりも二つ年上です。『池田家履歴略記』(日本文教出版、寛政年間に岡山藩士の斎藤一興が編纂した歴代藩士の事績集)には「信長之遊相手」と書かれています。

 このとき恒興は信長の父・織田信秀から、息子・信長の麻の上下(かみしも)を与えられました。この上下には織田家の紋である蝶が付けられていました。恒興が上下を着用した姿を見た信秀は「よく似合うぞ」と褒めたそうです。これをきっかけとして、以後、池田家では織田家の紋である蝶が付けられるようになりました。

 おっとっと、恒興の着用している鎧をじっと観てみると、二羽の蝶が上下に組み合わさっています。最初から泊蝶紋ではなかったのです。そして、恒興の跡を継いで姫路藩主となった池田輝政(1565~1613)、その嫡男・池田利隆(1584~1616)、姫路・鳥取の両藩主を経て初代岡山藩主となる池田光政(1609~1682)など池田家の歴代当主が身にまとって戦場を駆け巡ったのです。

 ということは、横を向いた形状の揚羽蝶紋は、草創期の池田家のシンボルだったというわけですね。

 

*****






2016年2月 4日 (木)

立春は2月4日で節分の豆まき・恵方巻きは2月3日なんですが、東京オリンピックの翌年には…

Img_0013

 *

 2月4日は「立春」です。春の始まりです。その最初の日が立春なのです。

 あれれ、竹内流相伝家道場の駐車場脇の白梅はもう満開です。

 古い時代にはこの立春を1年の始まりとしていました。春の気が立つ日なんです。そして、この季節を分ける「節分」が前日の2月3日なんです。

 *

Photo

 この立春の日付は太陽の角度によって決められるそうです。ということは、ひょっとしたら立春が2月4日ではないこともあり得るってことですね。

 そうなんです。2021年がその年です。平成でいえば33年です。2021年の立春は2月3日です。そして節分は2月2日なんです。ええっ、2月2日に豆まきをしたり恵方巻きを丸かじりしたりして、2月3日に立春を迎えるというんですね。東京オリンピックの翌年です。

 何かしら、カルチャーショックを受ける感じです。まあ、時には固定観念を打ち砕くことも必要なんでしょうな。

 *

*****








2016年2月 3日 (水)

「恵方巻き」って何? 巻き寿司・太巻きの中に七種の具を巻き込んで…

Photo

 *

 2月3日の節分といえば「豆まき」なんですが、最近は「恵方巻き」を連想する人が増えています。わが輩もその一人です。

 *

「恵方巻きって何?」

「元々は大阪を中心にした関西で商売繁盛の風習としてあったんだよ」

「大阪?」

「そう、実は、江戸時代から明治時代にかけて大阪(坂)の”花街”で行われていた風習なんだ」

「へえーっ、花街で?」

「お客さんをぱっくりとくわえ込むことを祈って、恵方に向かって太巻きを食べたんだよ」

「太巻きって巻き寿司?」

「そう、これを福徳の神様”歳徳神”のいらっしゃる方角に向かってかぶりついたんだよ」

「花街の女の人がかぶりつく?」

「福を巻き込むといわれる”巻き寿司”なんで、縁を切らないようにそのままかぶりついて食べたんだ」

「どうして巻き寿司?」

「巻き寿司といっても、元々は七福神に因んだ具を巻き込んだ太巻きだよ。しいたけ・うなぎ・かんぴょう・えび・だし巻き・でんぶ・きゅうりなど、要するに具が七種の太巻きを切らないで食べたというんだ」

「その風習が広がったのでしょうか」

「ええ、”恵方寿司”とか”恵方巻き”とも呼ばれたり、”節分の巻き寿司”とか”幸運巻き寿司”と呼ばれたりしてね。また、”丸かぶり寿司”とか”丸かじり寿司”と呼ぶ人もいたそうだよ」

「じゃあ、岡山の方でもそんな風習が?」

「いえいえ、岡山の方で恵方巻きが話題にのぼり始めたのは平成になってからですよ。その影にはセブンイレブンの画策があってね」

「あのコンビニの?」

「そう。平成元年(1989)のことだけど、広島のセブンイレブンが販売したのがきっかけなんだよ。巻き寿司・太巻きと呼ばれていたものを”恵方巻き”と命名して発売したんだ。この風習が全国に広まり、今では巻き寿司を恵方に向かって食べるというイベントがもてはやされてるんですよ」

「じゃあ、巻き寿司の中に七種の具を入れてかぶりつけばめでたいんですね」

「店によっては中巻きや細巻きを恵方巻きとして販売しているところもあるよ。具材が一種類の恵方巻きもあるよ」

「へえーっ、こだわらないの?」

「恵方巻きと太巻き・巻き寿司の決定的な違いは、節分の日に食べるかどうか、切らずに丸ごと食べるかどうかなんだ。だから、わが家の巻き寿司も節分には恵方巻きに変身だよ」

「ああ、”恵方巻き”ってのは節分だけなんですねえ」

「そう。だから、節分には福をのがさないように黙ってかぶりつきましょうよ。めでたい方角、恵方に向かってね」

 *

 さあ、今日2月3日は節分、昨日のブログで紹介した「南微東」(南と南南東の間の方角)に向かって恵方巻きにかぶりつくとしましょうか。おっとっと、折角のいい機会ですので何かを祈りながら食べないともったいないですね。

 *

*****

2016年2月 2日 (火)

今年の節分に恵方巻きを食べる方角は南南東? 正確には「南微東」(なんびとう)…

20160201

 *

 2月3日は節分です。

 「鬼は外、福は内」の豆まきをすぐに連想してしまいますが、何なに、最近では「恵方巻き」を食べるんだって? ああ、「巻き寿司」を切らないで恵方に向かって丸ごと食べると福を呼び込めるというんですな。

 その恵方というのはどの方角なのでしょうか。

 今年(平成28年、2016年)の恵方は「丙」(ひのえ)です。冒頭に方位吉凶図を載せていますが、図の上方(南)に「丙・歳徳神」(ひのえ・としとくしん)とある方角です。この方角に向かって行えば何事も成就するというんです。

Img_0776

 えっ、歳徳神? ということは、1月14日のこのブログ「とんどでお正月の神様・歳徳神がお帰りに…」で紹介された「若歳様」? そうなんです、お正月にはめでたくそう呼ばれている歳徳様なんです。その福徳の神様がいらっしゃる方角が今年は「丙」なのです。恵方とはその年のめでたいとされる方角のことですので、この方角に向かって恵方巻きを食べればいいということです。

 ということは、南よりも少し東寄りです。ああ、「南南東」といわれている方角?

 巷ではそう呼ばれていますが、冒頭の方位吉凶図をじっくり見たらもう少し南寄りの感じです。つまり、「南」と「南南東」の間の方角です。この方角のことを「南微東」(なんびとう)といいます。

 要するに、真南の方角からちょっとだけ東を向いて恵方巻きにかぶりつけばいいということです。

 まあ、食べ始めたら方角のことなんかは忘れてしまいますがね。

 *

*****






 

2016年2月 1日 (月)

トイレのミニカレンダーに天空の城「竹田城」(兵庫県朝来市)…

20160201

 *

 おう、竹田城だ!  トイレのミニカレンダーをめくったら一目瞭然でした。今日からは2月で、その見出し写真です。

 ひょっとすると、1月21日のブログで紹介のあった格安カレンダー? そうなんです、百均で買った108円のカレンダーの2月分です。それをトイレで毎日眺めることにしているんです。

 竹田城へ登ったのは数年前です。来春から入場料金を戴くとガイドの方が話されていましたので、今では登城は有料になっていると思います。

 天空の城址です。兵庫県朝来市の古城山(虎臥山)の山頂に築かれていますので、虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)とも呼ばれています。縄張りは南北約400m、東西約100mです。標高は353.7mで城下からは遙かに高く見上げるようになりますが、圧巻は日本のマチュピチュです。冒頭写真のように、麓を流れる円山川の川霧にかすむ光景は絶景です。まさに、天空の城です。

 圧巻は石垣です。近くの山から運んだらしいのですが、よくもまあこの山上で大きな石を運搬したものだと感心します。穴太(あのう)衆が築いたという案内板がありました。穴太衆といえば織田信長ゆかりの技術集団ですね。見事な石垣です。

 写真は天守台の方から南千畳部を撮ったようですが、廃城から400年を経た石垣がほぼそのまま残っているのが見られます。

 しばらくは、天空の城をトイレで毎日眺めるとしましょうかね。

 *

*****

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »