サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 申年(さるどし)の「さる」は「マサル」? | トップページ | NHK大河ドラマ『真田丸』第1回「船出」の再放送… »

2016年1月14日 (木)

「とんど」でお正月の神様・歳徳神がお帰りに…

Img_0776

 *

 1月15日は「とんど」で、若歳様(わかとしさま)がお帰りになられます。わが家に毎年やって来られる歳神様(としがみさま)・歳徳神(としとくじん)で、冒頭写真のような飾り軸を床の間に掛けてお迎えしております。

 これでお正月も終わり! 一年の初めの行事に区切りをつけて何となく安堵感が漂うのが「とんど」です。

 地方によって「とんど」「どんど」「どんと」「左義長」(さぎちょう)などと呼び方が違うようですし、わが輩の連れ添いの実家は1月14日がとんどだとか。わが家では旧来、1月15日の午前中にお飾りなどを下げ、午後になってからとんどをするのが習わしです。

 *

Img_0773

 お正月の神様・若歳様をお迎えするのに実にたくさんの品々を用意しました。お寺から戴いた「年(歳)徳善神」のお札を添えた鏡餅や小餅、「蘇民招来守」のお札をつけた注連飾り(しめかざり)、注連縄(しめなわ)、お供えのつるし柿、みかん、お屠蘇(とそ)などです。小餅はお雑煮として共食し、つるし柿やみかんなどは家族一同が新年祝賀の儀でお正月の神様と共食しました。そのほかのお正月関連の品々はとんどの日をもって姿を消します。もちろん、床飾りにしていた若歳様の軸も掛け替えです。

 *

Img_0778

 このとんどでだいじなことがあります。

 第一は、とんどで燃え上がった火の中に「歳徳善神」のお札を入れて、歳神様をお送りするのです。もちろん、床の間に掛けた若歳様の飾り軸は、火の中に入れるわけにはいきませんので掛け替えです。歳徳善神のお札が燃え上がり、薄暗い夜空に舞い上がってお正月は終わりです。「蘇民招来守」と「水神守」のお札もお供をします。今年もよい年でありますように。

 第二は、とんどの火で鏡餅やお供えの小餅を焼くのですが、その中の一つを「愛宕さま」(愛宕神)にお供えすることになっています。愛宕さまは竹内家が代々祭祀している流祖ゆかりの守護神で、初めて雷が鳴ったときに共食の真似をするのが作法です。実際には、旧暦6月24日の愛宕神祭典の前日までお供えをしています。

 第三は、とんどで出来たお飾りの灰を家や道場の周りに撒いて家内安全などを祈願します。「六根清浄(ろっこんしょうじょう)、無病息災、家内安全…」などと唱えて撒きます。近年は孫娘の土壇場となっています。

 おっ、孫娘がすげえことを口走りました。

 「ロックンロール?」

 おお、今年は明るく元気で、景気がええで。

 *

*****



« 申年(さるどし)の「さる」は「マサル」? | トップページ | NHK大河ドラマ『真田丸』第1回「船出」の再放送… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/63466294

この記事へのトラックバック一覧です: 「とんど」でお正月の神様・歳徳神がお帰りに…:

« 申年(さるどし)の「さる」は「マサル」? | トップページ | NHK大河ドラマ『真田丸』第1回「船出」の再放送… »