サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 富士塚に登るのは女性ばかり? | トップページ | 富士浅間神社と「富士塚」の関係は? »

2016年1月28日 (木)

千駄ヶ谷の富士塚がある鳩森神社(はとのもりじんじゃ)に妙齢の女性が…

Img_0832

 *

 千駄ヶ谷の富士塚(東京都渋谷区千駄ヶ谷)の下方に神社が見えます。「鳩森神社」です。

 あれれ、正式名称は「鳩森八幡神社」です。

20160129

 江戸名所図会によると、こんな話があります。

 *

20160129_0001

 昔、この地は深い林だったんですが、あるとき、青い空から白雲が下りてきたので村人は不思議に思っていました。するとどうでしょう。雲が林に下りたその途端に、白鳩がたくさん舞い上がったそうです。そして、西の方へ飛び去りました。村人はこの地に祠をお祀りして、「はとのもり」と名づけたそうです。

 貞観2年(860)の縁起ですが、弘化2年(1845)にはケヤキ造りの荘厳な社殿が上棟されました。残念ながら昭和20年に戦災で焼失し、その後再建を繰り返して平成5年(1993)に昔日の姿に復元されたそうです。

 *

Img_0860

 あれれ、妙齢の女性が手を合わせておられます。3分以上も経ってやっと降壇されました。

 その女性に思わずインタビューしてしまいました。

「あれ、正面から参拝されるんじゃないんですか」

「ほかの方のお邪魔にならないようにしているんです。わたし、お祈りが長いんでねえ」

 なあるほど、納得。

「ずいぶん長くお祈りされていたようですが…」

「きょう一日を振り返って感謝してるんです。毎日がこうです」

 ああ、なるほど。お見受けしたところ、キャリアという感じです。自営? それとも? 何はともあれ、こんなことを神社で毎日繰り返すとはわが輩のアタマの中ではとうてい考えられないことです。

 ああ、そうか、ひょっとすると「PDCA」(プラン・ドゥ・チェック・アクション)の実践かな。そんなことをふっと思いました。そうだ、それに違いない、そんな余生を送ってみたいなあ。おいおい、いい歳をしてそんな無茶な! いえいえ、まだ捨てたもんじゃありませんよ。

 *

Img_0853

 参拝を終えた女性は、夕闇迫る富士塚へと姿を消されました。ひょっとすると「はとのもり」の「ハト(鳩)」だったのかなあ。そんな思いがよぎりました。

 *

*****







« 富士塚に登るのは女性ばかり? | トップページ | 富士浅間神社と「富士塚」の関係は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先生、コメントを入れるのをお久しゅうございます。 
読んでいて、写真と文章の流れで目に浮かぶようでした。 
殺伐とした日常の中でとても心のお勉強になりました。
ありがとうございました。 
お寒いのでご自愛くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/63642581

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄ヶ谷の富士塚がある鳩森神社(はとのもりじんじゃ)に妙齢の女性が…:

« 富士塚に登るのは女性ばかり? | トップページ | 富士浅間神社と「富士塚」の関係は? »