サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)9月のことば 「くちでは…」 | トップページ | ホテルオークラ東京が本館の「たてなおし」で「おもてなし」? 東京オリンピックの前年に新本館開業… »

2015年9月 4日 (金)

メダカの水鉢でホテイアオイの花が…

Img_5277

*****

 おおっ、綺麗! それに豪華です。ベランダの水鉢のホテイアオイ(ミズアオイ科に属する単子葉植物の水草)が花を咲かせたんです。

 7月に1回咲いたのでもう咲かないのかと思っていたのですが、再び咲いたんです。もちろん、新しい花芽からですがね。


Img_5282

 葉っぱはつやつやとして光沢があって、つけ根の葉柄部分がふっくらと膨らんでいます。その内部はスポンジ状になっていて空気をたくさん含んでいます。そのため、浮き袋の役をして、株が水に浮いてくのです。その姿が七福神の布袋さまの丸いお腹のようだというので「布袋葵」と呼ばれています。別名は「布袋草」(ほていそう)、「水玉」(すいぎょく)、「ウオーターヒヤシンス」です。

 メダカの水鉢にはよく似合います。夏には日差しをさえぎってメダカをまもってきた功労水草です。


Img_5281_2

 花は紫色で美しいんですが、「花の命は短くて」のことばどおりです。花びらは6枚で、上の方の花びらは真ん中あたりが濃い紫色で、その中に黄色やオレンジのスポットが入っています。

 それにしても、よくおごっています。勢力旺盛です。それなのに、わが家では越冬できません。茶色くなって枯れてしまうのです。5℃以上の気温を保つことができれば来年も芽を吹くそうですが、そうはいかないところがやっぱり「葉っぱの命」も花と同じなんですね。

 *

*****




« 『こころの暦』(相田みつを作品集)9月のことば 「くちでは…」 | トップページ | ホテルオークラ東京が本館の「たてなおし」で「おもてなし」? 東京オリンピックの前年に新本館開業… »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/61477198

この記事へのトラックバック一覧です: メダカの水鉢でホテイアオイの花が…:

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)9月のことば 「くちでは…」 | トップページ | ホテルオークラ東京が本館の「たてなおし」で「おもてなし」? 東京オリンピックの前年に新本館開業… »