サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 竹内流(たけのうちりゅう)一門の中に「火絶ちの行」をする人がいるのはなぜ? 「愛宕さまのお祭り」のクイズ問題の一つ! | トップページ | 愛宕さまのお祭り(愛宕神祭礼)の前日は「宵祭り」… »

2015年8月 6日 (木)

落雷による死亡事故を防ぐには?

Img_4431

*****

 いきなり、問題です。

【問い】落雷による死亡事故で一番多いのは…

○ それは雷に打たれたときに決まっています。えっ、それをたずねているんだって? ああ、開けた平地での雷の直撃ですか。平地だったら落雷しないと思うのは間違いなんですか。

 *

【問い】落雷による死亡事故で二番目に多いのは…

○ ええ、これは簡単。木の下で雨宿りをしているときの落雷です。新聞やテレビのニュースでお馴染みです。

 *

 ええっ、そんなあと思うかも知れませんが、この二つの死亡事例は落雷死亡事故の半数以上を占めているそうです。

*****

 岡山市観光ボランティア連絡協議会の総務班長木梨さんからメールが送信されてきたんですが、それをもじって出題してみました。最近、ガイド中に急な豪雨に見舞われる事象が発生しています。こんなときに危ないのは雷の発生です。まずは雷発生時の安全確保について配慮しようという情報です。 

 先ほどの二つの死亡事例は、私どもが観光ボランティア・ガイドをしている岡山城、岡山後楽園、吉備津彦神社の環境・地形に似ています。もしものことがあってはいけません。そこで、ボランティアに注意を呼びかけているのです。

 *

505

 雷が鳴り始めたらすでに落雷の危険域に入っています。ガイドは一時中止し、鉄筋コンクリートの建物や戸建て住宅などの本格的な木造建築物へ避難します。岡山城であれば城郭の中だとか、岡山後楽園の場合は鶴鳴館、後楽園事務所、吉備津彦神社の場合は社務所など、臨機応変に対応することが肝心です。

 雨宿りは危険です。建物の軒先で雨宿りをするのは大変危険だそうです。建物に落雷してしまうと、雷の電気が外壁を伝わって襲いかかってくるからです。また、木の陰での雨宿りも間接的に落雷する可能性があります。ビルや高い木、高い柱などからはできるだけ離れるのが原則です。

 へえっ、いいと思っていることの逆なんですね。観光客の皆さんの安全を図ることが第一です。それとともに、ボランティアガイド自身の安全にも配慮しながらの行動が必要ということです。

 木梨さん、情報をありがとうございました。

 *

*****



 

« 竹内流(たけのうちりゅう)一門の中に「火絶ちの行」をする人がいるのはなぜ? 「愛宕さまのお祭り」のクイズ問題の一つ! | トップページ | 愛宕さまのお祭り(愛宕神祭礼)の前日は「宵祭り」… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/60978218

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷による死亡事故を防ぐには?:

« 竹内流(たけのうちりゅう)一門の中に「火絶ちの行」をする人がいるのはなぜ? 「愛宕さまのお祭り」のクイズ問題の一つ! | トップページ | 愛宕さまのお祭り(愛宕神祭礼)の前日は「宵祭り」… »