サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「草戸千軒」(くさどせんげん)って何? 昔日の面影は広島県立歴史博物館で… | トップページ | 立夏とか夏至とかの「二十四節気」とは何? »

2015年6月22日 (月)

夏至といえば? 吉備津彦神社(岡山市北区)の真正面の山から日の出が…

20150320158

*****

 あ、今日は夏至だったのかと、テレビのアナウンスのことばを聞いてあらためて認識しました。

 6月22日は夏至です。二十四節気の一つで、太陽の位置は黄経90度です。

 あ、そういえば、吉備津彦神社(岡山市北区一宮)はこの夏至に太陽が真正面から昇ってくることで有名です。太陽の運行を軸にして吉備津彦の祭神の鎮座地を決めたのでそうなっているのです。この日の朝、吉備津彦神社では日の出祭が行われたはずですが、すっかり忘れていました。

542

 吉備津彦神社は「朝日の宮」とも呼ばれています。山から顔を出した朝日は随身門(ずいじんもん)から拝殿・本殿へと届きます。さらに背後の吉備中山にある元宮磐座(もとみやいわくら)を通り過ぎ、吉備津神社(岡山市北区吉備津)へと一直線です。まあ、すごい構想ですね。

20150320160

 えっ、吉備津彦神社と吉備津神社は関係があるの? ええ、御祭神はどちらも吉備津彦命(きびつひこのみこと)なんです。岡山桃太郎伝説の主人公です。吉備津彦神社は備前国の一宮であり、吉備津神社は備中国の一宮なんです。吉備の国が備前とか備中に分かれてそれぞれ一宮が設置されているのです。

 古代の人のアタマはどんなになっているのでしょうか。夏至の日の太陽の動きに合わせて神社を設置するとはねえ。

 *

*****

« 「草戸千軒」(くさどせんげん)って何? 昔日の面影は広島県立歴史博物館で… | トップページ | 立夏とか夏至とかの「二十四節気」とは何? »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/60475545

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至といえば? 吉備津彦神社(岡山市北区)の真正面の山から日の出が…:

« 「草戸千軒」(くさどせんげん)って何? 昔日の面影は広島県立歴史博物館で… | トップページ | 立夏とか夏至とかの「二十四節気」とは何? »