サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 【正月の風習】床の間の正月飾りは様変わり… | トップページ | 【正月の風習】古武道竹内流の稽古始め… »

2015年1月 3日 (土)

【正月の風習】若歳様・歳神様を迎えてお正月…

Img_3070
**********

「お正月の神様じゃ」

 子ども自分にそう思ったのは、「若歳八将神」(わかとしはっしょうしん)の掛軸が床の間に飾られたときじゃった。冒頭写真がそうなんじゃが、この歳になってもその気分は同じじゃ。
 「若歳八将神」が読めだしたなあ高校2年の頃じゃ。せえまでは描かれている神様を何回も数えてみたんじゃけど、なんぼう数えても九体じゃし、八にゃあならんのじゃ。「若歳」というのは掛軸の真ん中にいらっしゃるのがそうで、その周りに「八将神」が配置されとるんじゃないかと気づくまでには相当な時間がかかったってわけじゃ。特に、赤顔を神と数えるのかどうかに手間取ってのう。要するに「若歳八将神」は若歳様と八将神に分けりゃあえかったんじゃな。「わかとし・はっしょうしん」と読みゃあええと分かったんじゃ。
 *
Img_3070_2
 「若歳」は文字どおりに若歳様じゃ。わが家じゃ「若歳様」と呼んどったが、友達と話すときゃあ「歳神様」というとったなあ。暦に出てくる「歳徳神」で、正月のお札(ふだ)「歳徳大善神」(としとくだいぜんしん)のこっちゃ。
 *
Img_3070_3
 「八将神」たあどねえな神様なんじゃろうと思うとったんじゃが、齢五十路の頃に疑問が解けたんじゃ。高島暦を眺めとったら、八将神が載っとるがな。
「大歳神」(たいさいしん
「大将軍」(だいしょうぐん)
「太陰神」(たいいんしん)
「歳刑神」(さいぎょうしん)
「歳破神」(さいはしん)
「歳殺神」(さいさつしん)
「黄幡神」(おうばんしん)
「豹尾神」(ひょうびしん)
 *
 今年、平成27年は乙羊(きのと・ひつじ)で、歳徳神のいらっしゃる「あきの方(かた)」は「庚」(かのえ)じゃ。というこたあ、節分に巻きずしをほおばる恵方は「庚」じゃけん、西の方角、それもちいとばあ南寄りっちゅうことになるかなあ。
 *
 おっ、そうじゃ、平成27年乙羊の吉方を「方位吉凶図」でよう調べておかにゃあおえんのう。

**********






« 【正月の風習】床の間の正月飾りは様変わり… | トップページ | 【正月の風習】古武道竹内流の稽古始め… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【正月の風習】床の間の正月飾りは様変わり… | トップページ | 【正月の風習】古武道竹内流の稽古始め… »