サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 夏の「大暑」に冬の「大寒」 | トップページ | 『週刊新潮』『週刊文春』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【マレーシア機撃墜】【倉敷の監禁男】【補償金ジャブジャブ】【愛子さま…】 »

2014年7月24日 (木)

ヒヨドリのヒナの巣が空っぽ… 巣立ち?

Img_1057

 ありゃっ、おかしいぞ、ヒナの姿が見えない!

 いつも通るサザンカの茂みにヒヨドリが巣作りをしてヒナが誕生していたんです。7月16日のブログで紹介しましたが、冒頭写真のように口を大きく開けてえさをねだっているんです。ちらっと目をやって通り過ぎるのが日常ありふれた行為でした。
 それなのに、何かしら様子がおかしいのです。あの雰囲気が伝わってこないんです。
Img_1360_2
 そういえば、通るたびにヒヨドリが巣を往き来してるのに出会っていたものです。しかし、そんな場面はなくなっています。
 思い切って茂みをのぞいてみました。普段はこんなことはしないのですが、気になってしょうがなかったんです。
Img_1358
 ありゃりゃ、巣の中は空っぽです。
 巣立ち?
 一瞬そう思いましたが、そんなことがあるはずはありません。まだ羽毛がこれから生えそろうはずなんですから。口を大きく開けて親鳥に運んでもらったえさを食べ、日に日に成長する時期です。
 それなのに姿が見えないとは?
 ああ、ひょっとするとヘビにやられたのかも知れない、そう思いましたね。子ども時分の光景が浮かんだのです。それは玄関先でツバメの卵がアオダイショウにのみ込まれている姿でした。
 巣は地上150~160㎝くらいのところにあるんですが、周辺では時折、80㎝前後のヘビを見かけていました。今年はヘビが多いなと家族で話題になっている折でしたので、さてはヘビのえさになってしまったのかと、勝手な想像をしてしまいました。
 それにしても、自然界はある日突然、様変わりしてしまうもんです。自然の摂理かも知れませんが、ああ無常です。
 *
 *
 
 

« 夏の「大暑」に冬の「大寒」 | トップページ | 『週刊新潮』『週刊文春』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【マレーシア機撃墜】【倉敷の監禁男】【補償金ジャブジャブ】【愛子さま…】 »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/56880806

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリのヒナの巣が空っぽ… 巣立ち?:

« 夏の「大暑」に冬の「大寒」 | トップページ | 『週刊新潮』『週刊文春』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【マレーシア機撃墜】【倉敷の監禁男】【補償金ジャブジャブ】【愛子さま…】 »