サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 平成26年お年玉付年賀はがきの当選番号… 1等賞品は現金1万円! | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【サラリーマンの残業代ゼロ】【安倍軍事政権】… »

2014年6月23日 (月)

「押し売り」でなくて「押し買い」の電話が…

Img_0859
「もしもし、岡山市に新しくお店を出した……の……です」
 突然、女性の方から電話がかかってきたのですが、店名も相手の名前も聞き取れませんでした。
「はあ~っ」
 ただ、それだけしか応対できません。
「テレホンカードはありませんか」
 ああ、そういう話なんかと気楽に応じることにしました。
 /////
「そりゃあ、あるけど、せえがどうしたん?」
「見せてもらえませんか」
「あんたもテレカに趣味があるんか?」
「そりゃあ興味が大ありですわ。おじゃましていいですか」
「わざわざ来んでもええが」
「いえ、もうお使いになることはないと思いますので、お高く買い取らせていただいたらと」
「おいおい、わしの宝ものを取り上ぎょう言うんか」
「いえいえ、もう使わなくなった時計はありませんか」
「ありゃあせん」
「古くなった腕時計とか」
「ありゃあせん」
「もう使わなくなったカメラとか」
「そねえなもんもありゃあせん」
「一度おじゃまさせていただいて、おうちの中を見させていただいたらと思うんですが」
「おいおい、押しかけ女房のようなことう言うたらきょうてえがな」
 どうやら、家へ押しかけてくる算段のようです。おいおい、女性が一人でやってきてどうするんじゃろうか。ひょっとすると、連れも一緒じゃろうか。
「奥様は指輪をお持ちですね」
「そねえなものうする女房じゃあねえわ」
「ハンドバッグとかはお持ちですね」
「いっつも、買い物袋ばあじゃ」
「それは失礼しました。よろしければ、お宅におじゃましてお話しさせていただいたらと思うんですが」
「はあ~っ、どうしても来るんか」
「はい、おじゃましていろいろ見させていただこうと思います。その上で、もうお使いにならないものを高価に買い取らせていただきます」
 このときにふっと感じました。これ以上のお相手は危険だと。
 冗長すぎます。しかし、踏ん切りがつかないんです。
「ほんなら、ちょっと待ってつかあせえよ。電話は、この番号
でええんですか」
「いいですよ」
 こりゃあ、駄目です。まんまと相手のペースです。
「じゃあ、電話帳で確認しますけん、会社の名前を教えてつかあせえ」
「まだ、登録しておりませんので、電話帳には載っていません」
 そりゃあ、そうです。
「じゃあ、会社の住所は?」
「岡山市北区丸の内です」
「はあ~っ?」
 確認のしようがありません。
 もう少し早くお断りすべきだったという思いがつのってきました。でも、相手ペースです。
 /////
 大きく息をしました。そして、口調をがらりと変えました。
「お誘い、ありがとうございました」
「いえいえ、こちらこそありがとうございます」
「とりあえず、お断りします。おいでにならなくて結構です。恐れ入りますが、会社の名前と住所、お宅の名前をもう一度おっしゃってください。こんな電話があったことを警察や町内会へお知らせしておきますので…」
 あれれ、言い終わらないうちに通話が切れてしまいました。
 ありゃっ、通話記録を見ますと、携帯電話からでした。会社の固定電話ではなくて個人の持ち物からの電話のようです。
 こりゃあ、とんだことに巻き込まれる予感がします。
 不審だと感じることが一番! そうであれば、きっぱりと断ることです。今回は何かしら、もたもたとし過ぎでした。
 今回の事例は、「押し売り」ではなくて「押し買い」の前奏曲でした。
 *
 *
 

« 平成26年お年玉付年賀はがきの当選番号… 1等賞品は現金1万円! | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【サラリーマンの残業代ゼロ】【安倍軍事政権】… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/56331372

この記事へのトラックバック一覧です: 「押し売り」でなくて「押し買い」の電話が…:

« 平成26年お年玉付年賀はがきの当選番号… 1等賞品は現金1万円! | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【サラリーマンの残業代ゼロ】【安倍軍事政権】… »