サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【絶対放送禁止のテレビの内情】【お金の教科書】【日本株売り】【捨てる!】… | トップページ | 映画『新しき民』がクランクイン! 岡山県真庭市出身の山崎樹一郎さんが脚本・監督の「山中一揆」を… »

2014年2月19日 (水)

「南岸低気圧」という曲者(くせもの)を警戒! 「西高東低」ばかりでなく「北寒南低」に…

Img_5975

 2月19日は二十四節気の「雨水」で、水がぬるんで草木が芽生える頃といわれています。雪が解けて農作業を始める頃とされていましたが、どっこい、日本列島は先般の大雪に見舞われてその後遺症が残っているんです。

 じっくりと天気図を眺めてみました。

20130218668

 冬型の気圧配置といえば「西高東低」が有名です。上図は2月18日の予想図ですが、北海道はまさにそのまんまです。

 しかし、問題は本州南にある低気圧です。「南岸低気圧」と呼ばれています。今回の「どか雪」で初めてこんな用語があることを知ったのですが、これが”曲者”(くせもの)なんです。

 天気図には表されていませんが、日本列島には北から強い寒気団が張り出しています。こんなとき、日本列島の南海上を低気圧が急速に発達しながら通過すると太平洋側に降水域が広がり、上空の強い寒気が雨ではなく雪を降らせるのです。上空1500mの気温が氷点下3度以下が雪になるひとつの目安だと、気象庁では発表しています。

2014020920642

 上の図は、先般の大雪のときの気象イメージです。2月9日のブログに載せていますのでご覧ください。これからは、「西高東低」だけでなく、「北寒南低」にも気をつけなきゃあね。

 ありゃりゃ、「北寒南低」なんて用語はありません。私の独断造語です。ごめんなさい。

20130219669

 でも、「西高東低」にひっかけて「北寒南低」なんて、何となく分かりそうじゃありませんか。そこで、2月19日の天気図(上図)を眺めてみます。あっ、いました、南岸に低気圧が! 曲者です。そして、天気図には出ていませんが、北からは寒気団が張り出しているんです。

 案の定、雪の予報が聞かれますが、少々南に下がっています。こうなると、気象予報士泣かせだそうです。さまざまな条件を組み合わせて、雪か、雨か、曇りかと、予報するんですが、何はともあれ、「北寒南低」に注目することにしましょうかね。

 *

 *

 

« 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【絶対放送禁止のテレビの内情】【お金の教科書】【日本株売り】【捨てる!】… | トップページ | 映画『新しき民』がクランクイン! 岡山県真庭市出身の山崎樹一郎さんが脚本・監督の「山中一揆」を… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/55064513

この記事へのトラックバック一覧です: 「南岸低気圧」という曲者(くせもの)を警戒! 「西高東低」ばかりでなく「北寒南低」に…:

« 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【絶対放送禁止のテレビの内情】【お金の教科書】【日本株売り】【捨てる!】… | トップページ | 映画『新しき民』がクランクイン! 岡山県真庭市出身の山崎樹一郎さんが脚本・監督の「山中一揆」を… »