サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)2月のことばは… 【イキイキはつらつ…】 | トップページ | 「立春」とは? 「旧暦正月節」? 岡山後楽園のウメがちらほらと… »

2014年2月 2日 (日)

節分(2月3日)に”巻き寿司”をまるかじりする風習… 今年(平成26年)の「恵方」(えほう)はどっち? 

26628_2
 節分に「巻き寿司」をまるかじりするときにゃあ、「恵方」(えほう)に向かわんとおえん?

 なんのこっちゃ、そりゃあ。

 ああ、昔から、「あきの方(かた)よろず吉」といわれとってのう。「あきの方」いうなあ、恵方なんじゃ。歳徳神(としとくじん)・歳神様(としがみさま)がおられるとこじゃ。「恵方参り」いうことばがあるんじゃけど、正月に恵方の神社仏閣にお参りして、米や塩、お賽銭などをあげて祈願する風習はそのひとつなんじゃ。

 節分に恵方に向いて巻き寿司をかじる風習も、せえと(それと)同じなんじゃ。じゃけん(だから)「恵方巻き」いうんじゃ。

 今年(平成26年、2014年)は、四緑木星(しろくもくせい)が中宮(中央)に回座する年で、「あきの方」(恵方)は「甲」(きのえ)の方位にめぐるそうじゃ。ほぼ「東」の方向(冒頭カット参照)で、ほんのちょっと北寄りじゃ。「東北東」よりゃあ(よりは)ちいと(少し)東よりの「東北微東」じゃな。

 ああ、そうか、そうすりゃ、「福は内、鬼は外」と同じ効用があるんじゃな。

 *

カゲの声

 「恵方」の情報はなあ、高島易断総本部歴書館編纂『平成二十六年運勢暦』に載っとったで。こねえなときにゃあ、旧暦の暦の解説が役に立つんじゃ。

 *

 *

 

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)2月のことばは… 【イキイキはつらつ…】 | トップページ | 「立春」とは? 「旧暦正月節」? 岡山後楽園のウメがちらほらと… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/54840532

この記事へのトラックバック一覧です: 節分(2月3日)に”巻き寿司”をまるかじりする風習… 今年(平成26年)の「恵方」(えほう)はどっち? :

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)2月のことばは… 【イキイキはつらつ…】 | トップページ | 「立春」とは? 「旧暦正月節」? 岡山後楽園のウメがちらほらと… »