サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)1月のことばは… 「生きていて楽しいと…」 | トップページ | 岡山県がPRサイト『大好き!晴れの国おかやま』を開設… 観光スポットや郷土の味覚など… »

2014年1月 7日 (火)

神社に張られている「注連縄」(しめなわ)の意味は… 出雲大社(島根県出雲市)の大注連縄(おおしめなわ)は日本一…

336
 正月の風物詩のひとつに初詣(はつもうで)があります。

 その神社には必ず「注連縄」(しめなわ)が張ってあります。冒頭写真は「熊野大社」(島根県松江市八雲町熊野)の注連縄です。

 この注連縄にはどんな意味があるのでしょうか。

 *

Img_5384
 注連縄の「しめ」とは、土地の領有を意味します。張ることで、その場所が神様の領有する聖なる場所であり、みだりに出入りしてはいけないことを示すのです。また、「神聖な場所」と「俗なる場所」とを区別する境界線でもあるのです。つまり、悪霊の侵入を防ぐ「結界」(けっかい)なのです。お茶席で「結界」のことばを聞くことがありますが、あの「結界」と同じ意味です。

 素材は通常、「藁」(わら)を使います。あの稲作の藁です。これを「左より」にねじります。普通の縄は「右より」なのですが、注連縄の場合は反対によってあります。そして、ねじれたすき間に紙だれをはさむか紐で結んで下げます。

 *

 地方によって、さまざまな飾り方があります。

Img_5335
 テレビの画面ですっかり有名になっていますが、出雲大社の場合は真ん中が太い注連縄です。神楽殿(かぐらでん)の正面に張られた注連縄は、長さが13m、太さ(周囲長)は8m、重さは約8.5tもあり、日本一の大きさだそうです。上の写真がそうです。

 形はさまざまでも、意味や用途は同じです。私たちの家庭の神棚の場合も神社と同じで、向かって太い方が右にくるように張ります。神様から見ると左側が上位になるからです。

378_2
 上の写真はわが家(相伝家道場)に祀っている「愛宕さま」の注連縄です。

 神社にお詣りしたときには、こんなことにもちょっと気を向けてみるのが「おとなの勉強」です。

 *

 *

 

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)1月のことばは… 「生きていて楽しいと…」 | トップページ | 岡山県がPRサイト『大好き!晴れの国おかやま』を開設… 観光スポットや郷土の味覚など… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/54529032

この記事へのトラックバック一覧です: 神社に張られている「注連縄」(しめなわ)の意味は… 出雲大社(島根県出雲市)の大注連縄(おおしめなわ)は日本一…:

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)1月のことばは… 「生きていて楽しいと…」 | トップページ | 岡山県がPRサイト『大好き!晴れの国おかやま』を開設… 観光スポットや郷土の味覚など… »