サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 寒い冬は「寄せ鍋」が一番! 究極の「留め」は? | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【首都激戦】【日中韓の憎しみ】… »

2014年1月14日 (火)

1月15日は「小正月」で、今年は旧暦の12月15日… 1月1日は「朔・新月」なのに1月15日は…

Img_7541
 床の間の掛け軸は、お正月の「若歳八将神」から「月の梅園」に模様替えになったんじゃけど、寒空に浮かぶ月と掛け軸の月がおんなじ(同じ)じゃ。寒うてかなわんのじゃけど夜空の月を見上げたら、もうちょっとで「満月」っちゅう感じじゃったで。

 *

 ありゃりゃ、子ども時分に嫌だった「小豆がゆ」の日か? そんな思い出がよみがえってくるのが1月15日じゃ。

 この日の朝飯にゃあ、餅と小豆の入ったおかゆが雑煮碗に盛られるんじゃけど、醤油などの味付けが全然ないんじゃ。淡白な味で、餅におかゆがまぶれついた口触りが気持ち悪うてのう。せえでも、そねえなもんじゃ思うて食よったもんじゃ。まあ、「こうこ」(たくあん漬)が救いじゃったけどな。

 そこでそっと連れ添いに訊いてみたんじゃ。

「小正月は小豆がゆか?」

「わたしゃあ、子どものときから雑煮で、小豆がゆなんか知らん」

 ああ、そうじゃった、やれやれ。そういやあ、近頃は小豆がゆを食うちゃあおらん。ありゃあ、昔の話じゃったと、今、回想しとるとこじゃ。どうも最近は、今のことはすぐ忘れるんじゃけど、昔のこたあ、よう思い出すんじゃ。

 *

Img_7542
 「高島暦」をめくっとったら、1月15日は「旧暦12月15日」じゃが。ああ、ちょうど一ヵ月遅れなんかと思うたのはええが、せえからが分からんようになってしもうた。旧暦は「月齢」を基にしとるはずなんじゃけど、計算が合わんのんじゃ。

 1月1日は元日で、旧暦では12月1日で「朔」(さく)じゃ。月と太陽の視位置の黄経が等しくなるので、月全体が太陽光線を背後から受けるんで地球からは月が見えんのんじゃ。つまり、「新月」じゃな。

 ほんなら、旧暦12月15日が満月かというとそうじゃないんじゃ。1月16日が旧暦12月16日で「望」(もち)、「満月」なんじゃ。

 ああ、旧暦の16日が「望・満月」かと思うて高島暦をくってみると、旧暦1月は確かに16日じゃけど、2月は17日なんじゃ。3月は16日、4月は17日じゃ。今までは旧暦15日が「望・満月」じゃとばあ思うとったんじゃけど、そうじゃないんじゃ。

 せえのに、旧暦9月(大・小の月)と10月は、「望・満月」になっとる。ひえ~っ!

 何かしら、ひょんなげなことになっとるのう。

 あ、そうか、こりゃあ「おとなの勉強」じゃ。何か、アタマの体操になりそうなで。

 旧暦9月と10月の頃にゃあ、その謎に挑戦してみるかのう。

 *

 *

 

« 寒い冬は「寄せ鍋」が一番! 究極の「留め」は? | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【首都激戦】【日中韓の憎しみ】… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/54610789

この記事へのトラックバック一覧です: 1月15日は「小正月」で、今年は旧暦の12月15日… 1月1日は「朔・新月」なのに1月15日は…:

« 寒い冬は「寄せ鍋」が一番! 究極の「留め」は? | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【首都激戦】【日中韓の憎しみ】… »