« 牛丼の吉野家が「新・焼鳥つくね丼」を発売! 夏ばて回復のスタミナ源に…  | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【日本の公的差別】【60歳からもう一度】【日本を捨てる会社】【90歳・100歳の現実】… »

2013年8月26日 (月)

”創価学会系新聞”が「竹島は韓国の領土」と… 『週刊文春』(8月29日号)の記事に驚き!

201308179
◎「意外じゃのう、どうなっとるんじゃ?」

●「そりゃあ、『週刊文春』に聞いてみにゃあ分からんこっちゃ」

 *

 週刊誌の”漁り読み”を生きがいにしている文さん(●印)もはっきりした結論を出しませんでした。

 *

◎「週刊文春の8月29日号の記事を見てびっくりしたがな」

●「ああ、創価学会系新聞が”竹島は韓国の領土”と報道したっていうやつ?」

◎「そうそう、その創価学会系新聞ゆうなあ、”聖教新聞”のこと?」

●「いんにゃ、そうじゃないんじゃ」

 *

 気になっていたのは、「公明に連立与党の資格なし!」という見出しです。冒頭写真がそうです。

 *

◎「じゃあ、なんじゃ?」

●「日本の新聞じゃのうて、韓国の新聞じゃあ」

◎「韓国の?」

●「そう」

◎「韓国にも創価学会があるんか?」

●「おめえも案外うてえ(疎い)のう。学会は世界に網羅しとって、SGI(創価学会インターナショナル)を組織しとるんじゃ。せえで、韓国にゃあ”韓国SGI”があるんじゃが」

◎「へえーっ、そうじゃったんか」

●「創価学会系新聞ゆうなあ、その韓国SGIの機関紙『和光新聞』のことなんじゃ」

◎「要するに、韓国の創価学会が出す機関紙なんじゃな」

●「そうゆうこと。創価学会の池田大作名誉会長がこの新聞の名誉最高顧問を務めとるんじゃ」

◎「その新聞が”竹島は韓国の領土”って報道したっちゅうのは何のこっちゃ?」

●「おっとっと、早とちりをせんようにな。”独島は韓国の領土と主張する反日新聞が韓国にある”ってこっちゃ」

◎「”独島”っちゅうのは”竹島”のことじゃろ?」

●「そう。もうだいぶ前(2005年5月)のことなんじゃが、ソウルオリンピックスタジアムで韓国SGI主催の『国の愛 大祝祭』っちゅう”反日集会”が開かれたんじゃ。このイベントじゃあ、”独島は韓国の領土”っちゅう人文字まで作られたそうじゃ。こりょう和光新聞が大々的に取り上げていたってこっちゃ」

◎「そりゃあ、前のこっちゃが」

●「せえでも、韓国SGIの基本的な姿勢は何も変わっとらんそうじゃ」

◎「韓国の創価学会じゃけん、日本と違うなあ(のは)当たり前じゃねえの?」

●「おっとっと、そこなんじゃ。日本の新聞は”日韓”と書くのが当たり前じゃろう? じゃあけど、『聖教新聞』は”韓日”と親韓ぶりを発揮しとるんじゃ」

◎「そんなあ」

●「これにゃあ訳があってのう、学会が韓国で布教活動をするためにゃあ、相手を持ち上げにゃあおえんじゃろう」

◎「ええっ?」

●「つまり、韓国の創価学会、韓国SGIはさまざまな政治工作をして宗教法人格を取得して信者を増やしたり、韓国政府に取り入るために反日思想を前面に出してきたりした経緯があるんじゃ」

◎「その創価学会は”公明党”と深い関係があるんじゃろう?」

●「そりゃあ、おめえがよう知っとるがな」

◎「公明党は自民党と連立を組んどるのに、竹島(韓国では”独島”)が”韓国の領土”ゆうのを支持したらわやになっちまうがな」

●「そうなんじゃ、それが『週刊文春』(8月29日号)の見出しの意味なんじゃ」

201308181
 *

 ありゃあ、りゃっ。これでは連立政権はおぼつかなくなってしまいますよ。次期内閣改造ではどうなるんでしょうか。

 *

 

« 牛丼の吉野家が「新・焼鳥つくね丼」を発売! 夏ばて回復のスタミナ源に…  | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【日本の公的差別】【60歳からもう一度】【日本を捨てる会社】【90歳・100歳の現実】… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/53043490

この記事へのトラックバック一覧です: ”創価学会系新聞”が「竹島は韓国の領土」と… 『週刊文春』(8月29日号)の記事に驚き!:

« 牛丼の吉野家が「新・焼鳥つくね丼」を発売! 夏ばて回復のスタミナ源に…  | トップページ | 『週刊ポスト』『週刊現代』(最新号)の新聞広告にみる”世の中”の動き… 【日本の公的差別】【60歳からもう一度】【日本を捨てる会社】【90歳・100歳の現実】… »

竹内流捕手腰廻小具足「柔術の源流」