« 「糖質ゼロ」「カロリーゼロ」「糖質オフ」とは? さて、健康志向のビールは… さまざまな食品に… | トップページ | 国産の米粉・牛乳を使った「ちぎりパン」(敷島製パン)は格別に美味い! でも、販売店によって価格がまちまち… これぞ大歓迎! »

2013年7月28日 (日)

鳥取弁で出雲神話「因幡(いなば)の白うさぎ」を語ると… 山陰名菓『因幡の白うさぎ』(寿製菓)のしおりから…

135
 7月23日のブログで山陰名菓『因幡の白うさぎ』を紹介したんじゃけど、しおりにあの『因幡の白うさぎ』の伝説が載っとってのう。

 そのしおりにゃあ、何と、”鳥取弁”で書いとるんじゃ。珍しいんで、読んでみんせえ。 えっ、何じゃと? ああ、今のこのことば遣いは”岡山弁”じゃけどな。

 *

むかし、むかしあったげな。

因幡(いなば)の国気多(けた)ちゅうところに一匹の白うさぎが住んどったげな。

 *

 ありゃっ、岡山弁とおんなじじゃ、「~という」を「~ちゅう」と言うたり「住んでいた」を「住んどった」と言うたりするとかあ。

 *

ある時、天が破れたぐらいの、ようけい大水が流れてな、游岐島(おきのしま)まで流されて困ちょたげなわい。そこに、わにざめと出会ったげな。白うさぎは、わにざめをだまくらかして向こう岸に行ったるわいと思うて「おまいさまの連れとどっちがようけかくらべよいな」っと言ってな。向こう岸まで並べて「一匹・二匹…」って数えながら渡っただいや。そんな時に、白うさぎがつい「渡りに舟とはこんなことだいや」って言うたけ、わにざめはだまかされたってわかって、ようけ怒ってなあ。白うさぎを丸裸にしちゃっただってや。

 *

 多い様子を「ようけい」と言うたり、だますことを「だまくらかして」「だまかされた」と言うとかあ、岡山弁とおんなじじゃ。おっ、そうじゃ、「ようけ怒ってなあ」と言うとかあ、岡山弁じゃ「ぼっこう怒ってのう」かのう。

 *

丸裸の白うさぎが砂浜で泣いとったらなあ、大きな袋を肩にかけなった大国主命(おおくにぬしのみこと)が通んなって、「きれいな水で身を洗って蒲(がま)の穂をつけたら治る」と言いなったけ。その通りにしたらどんどん元の白毛のうさぎになったっちゅうことだけ。白うさぎはようけ喜んでなあ、お礼にきれいな八上(やがみ)姫んとこに大国主命をお連れしたっちゅうことだいや。そのむかし、こんぽち。

 *

 「泣いていた」を「泣いとった」と省略表現するとかあ、岡山弁とおんなじじゃ。「なったっちゅう」や「お連れしたっちゅう」のように、「~という」を「~っちゅう」と表現するとこもおんなじじゃ。

 もちろん、「ようけ喜んでなあ」は岡山弁じゃあ、「ぼっこう喜んでのう」になるかのう。

 せえにしても、鳥取弁と岡山弁はよう似とるのう。そりゃあ、隣の県じゃもん。せえかゆうて、「~げな」「~わい」「~や」の言いまわしゃあ鳥取のもんじゃのう。

 「こんぽち」は文末につける言葉で、「めでたし、めでたし」とか「おしまい」の意味なんじゃと。鳥取県東部の方言じゃそうな。

 *

 おっとっと、「鳥取弁」と言い切ったけど、寿製菓(鳥取県米子市)のお菓子のしおりに載っとったけんそう思うただけなんじゃ。鳥取弁じゃなかったらこれえてつかあせえのう。

 *

 

« 「糖質ゼロ」「カロリーゼロ」「糖質オフ」とは? さて、健康志向のビールは… さまざまな食品に… | トップページ | 国産の米粉・牛乳を使った「ちぎりパン」(敷島製パン)は格別に美味い! でも、販売店によって価格がまちまち… これぞ大歓迎! »

方言・岡山弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/52648540

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取弁で出雲神話「因幡(いなば)の白うさぎ」を語ると… 山陰名菓『因幡の白うさぎ』(寿製菓)のしおりから…:

« 「糖質ゼロ」「カロリーゼロ」「糖質オフ」とは? さて、健康志向のビールは… さまざまな食品に… | トップページ | 国産の米粉・牛乳を使った「ちぎりパン」(敷島製パン)は格別に美味い! でも、販売店によって価格がまちまち… これぞ大歓迎! »

竹内流捕手腰廻小具足「柔術の源流」