サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「みつの里」の”手打うどん”が大進化! ”釜あげ”が美味い! でも、… | トップページ | ”くすり漬け”の鶏の肉が… 中国国営テレビが「速成鶏」事件として報道! 日本には… »

2013年1月23日 (水)

NHKテレビ『ためしてガッテン』… 「マスクの予防効果10秒超UP術」 ”大ヒット”ではなくて”大フィット!”

Img_0311
 ええっと驚きの結果でした。

 NHKためしてガッテン「そのマスク、大丈夫?予防効果10秒超UP術」が今日(1月23日)放送されたんですが、冒頭の実験は意外なものでした。

 視聴者6人が持参したマスクの効能は…

Aさん:お値段派、お徳用65枚→0%

Bさん:お値段派、10枚入り100円→11%

Cさん:高性能派、ウイルス飛沫を99%カット→0%

Dさん:高性能派、ウイルス・花粉を99%カット→34%

Eさん:見た目派、メイク落ちない→0%

Fさん:医療用→76%

 ためしてガッテンの実験では、”マスクはかぜ予防には効果なし”の結果です。

Img_0312
 マスクの製造者は自信をもって作っておられるはずです。

 使用済みマスクのフィルターには、ウイルスと同じくらいの大きさのホコリがくっついています。モノはものすごく小さいときには何かにぶつかると、ぺたっとくっつく性質をもっています。これを「分子間力」(ぶんしかんりょく)というそうですが、マスクは、ザルはザルでもくっつけて取るザルなのです。厚みがあればどこかにぶつかって取れるんです。

 番組で調べてみたところ、ウイルスとほぼ同じ大きさの粒子を9割以上カットするマスクが多かったそうです。

 それなのに、なぜ冒頭の実験ではあんな結果になったのでしょうか?

 ああ、そうだったんですか、マスクのつけ方が悪かったんです。

 あんたも”好きねえ”ではありませんが、”すき間、ねえ”にするんです。

 ”すき間”のポイントは、①鼻、②ほほ、③あごの3つです。すると、53.7%のカット率になりました。

 感染管理認定看護師の黒須一見さんが重要ポイントを教えてくださいました。着ける前に鼻の形に合わせて、マスクをしっかりと”山折り・谷折り”にするんです。すると、あの同じマスクでカット率が86.5%に上昇したんです。

Aさん:0%→97%

Bさん:11%→65%

Cさん:0%→49%

Dさん:34%→85%

Eさん:0%→59%

Fさん:×

 Aさんの場合はマスクが大き過ぎたので、ひもをしばって応急措置を施したそうです。すると好結果となったのです。

 つまり、自分の顔に合ったマスク選びが大切ってことなんです。マスクは顔とのフィットが重要です。

 国立病院機構仙台医療センター・ウイルスセンター長の西村秀一さんは、おもしろいたとえ話をされました。”咳”は”おなら”と同じだというのです。いっときに噴き出して、やがて薄まっていきます。

 つまり、濃度が高いときには吸い込まないってことです。エレベーターや満員電車、人混みなどでは、いつ、だれが咳をするか分からないですからね。そんなときは、マスクが役に立ちます。

 マスクの効果は…

◎ 既に感染している患者がマスクを着ける「せきエチケット」は絶対!

◎ 予防目的の場合は、手洗い・うがいなどと併せれば効果がアップ!

 この2点がだいじです。

 要するに、自分の顔に合った大きさ・形のマスクを選び、顔にぴったりフィットさせることが大切というわけです。

 おっ、小野文恵アナウンサーのまとめのことばがすごい!

 「大ヒット商品」ではなくて「大フィット商品」とは!

Img_0310
 *

《カゲの声》

 この番組の再放送は、1月29日(火)の午後4時5分からのようです。

 また、花粉症対策のマスクは、現在取材中とのことです。

 *

« 「みつの里」の”手打うどん”が大進化! ”釜あげ”が美味い! でも、… | トップページ | ”くすり漬け”の鶏の肉が… 中国国営テレビが「速成鶏」事件として報道! 日本には… »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/48915304

この記事へのトラックバック一覧です: NHKテレビ『ためしてガッテン』… 「マスクの予防効果10秒超UP術」 ”大ヒット”ではなくて”大フィット!”:

« 「みつの里」の”手打うどん”が大進化! ”釜あげ”が美味い! でも、… | トップページ | ”くすり漬け”の鶏の肉が… 中国国営テレビが「速成鶏」事件として報道! 日本には… »