サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)11月のことば「できない約束は…」 | トップページ | 鳥取砂丘の「砂の美術館」は第5期『砂で世界旅行・イギリス』を展示中… ”砂”と”水”だけで表現する芸術! »

2012年11月 1日 (木)

黒尾峠名物の”柴田のたいやき”が移転… 国道53号線沿いの”日本一の味”は今でも健在!

Img_3293_2
「あれっ、閉店!」

 国道53号線の”黒尾峠”は岡山県と鳥取県の県境です。その黒尾峠名物は「柴田のたいやき」です。

Img_3289
 何と、その屋台が閉まっていたんです。

 黒尾峠は今でも交通の難所です。その重い気分を吹っ飛ばしてくれるのが「柴田のたいやき」なんですが、…。

Img_3299_2
「ああ、家族へのおみやげが消えた!」

 そんな思いになってしまいました。

 しかし、よく見ると「移転しました」の看板が…。

Img_3290
 岡山県奈義町の自衛隊日本原演習場近くに移転しているのです。もちろん、国道53号線沿いです。

Img_3295
 ありました。コンビニ「サンクス」のすぐそばです。

Img_3298_2
 ここが”柴田のたいやき”で有名な柴田商店(岡山県勝田郡奈義町上町川、電話0868-36-3170)の新しい店なんです。

Img_3296
 若い夫婦で営業しているようです。私は先代夫婦の頃からのお得意さんなんですが、懐かしさがこみ上げてきました。

Img_3300
 あれれ、”型焼鉄板”は相当すり減っているようです。目玉やうろこの境界線がまろやかになっています。もう、数十年も経った焼鉄板でしょうからね。

Img_3302
 でも、”かわ”と”餡(あん)”は昔のままです。これが美味いんです。

Img_3303
 ”餡”がたっぷりと入った「柴田のたいやき」は、まさに”日本一のたいやき”です。

 私にとっては、”古くて新しいグルメ”です。

 これが1個100円とは安い!

「ああ、満足!」

 *

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)11月のことば「できない約束は…」 | トップページ | 鳥取砂丘の「砂の美術館」は第5期『砂で世界旅行・イギリス』を展示中… ”砂”と”水”だけで表現する芸術! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/47686402

この記事へのトラックバック一覧です: 黒尾峠名物の”柴田のたいやき”が移転… 国道53号線沿いの”日本一の味”は今でも健在!:

« 『こころの暦』(相田みつを作品集)11月のことば「できない約束は…」 | トップページ | 鳥取砂丘の「砂の美術館」は第5期『砂で世界旅行・イギリス』を展示中… ”砂”と”水”だけで表現する芸術! »