サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 鳥取砂丘の「砂の美術館」の”砂像”の堅さを実感! ”土台”(砂のかたまり)のミニチュア版に指で触ってみると… | トップページ | 「焼き鯖(さば)ずし」って何? おなじみの「鯖ずし」とは違う食文化が… »

2012年11月 5日 (月)

神戸灘の「酒まんじゅう」の美味さの秘密は? ”小豆あん”だけでなく”酒あん”が…

Img_3079
 中国自動車道の加西SA(サービスエリア)に立ち寄ったら必ず買うお土産があります。

 神戸灘の「酒まんじゅう」(販売者:神戸サンキ、兵庫県三木市大村)です。12個入りが600円ですので、1個が50円勘定です。

 その味が独特なのです。その魅力に惹かれるんです。

Img_3091
 原材料は、小麦粉、でんぷん、砂糖、清酒、膨張剤、香料と小豆あん(砂糖と小豆)などなのですが、これだけではありません。

 えっ、これだけで十分じゃないの? 清酒が入っておれば「酒まんじゅう」じゃないの?

 どっこい、この酒まんじゅうの味の秘密は”酒あん”にあるのです。”小豆あん”のほかに、”酒あん”が包み込まれているのです。とろうりとした甘い感触は、酒あんと小豆あんのコラボレートなんでしょうかね。

Img_3089
 上の写真で光沢を放っている”あん”が”酒あん”のようです。口の中でとろける感じです。

 ”酒あん”の材料は、砂糖、白生あん、水あめ、還元水あめ、粉末酒糖、寒天などです。この”酒あん”が独特のうま味を演出しているのです。

Img_3087
 それに、”薄皮”の感触がいいですねえ。”小豆あん”や”酒あん”と口中で溶け合って、絶好の美味さを醸し出しているんです。

 えっ、お土産? 実は、自分へのお土産なんです。私の大好物なんです。

 まあ当分は、神戸灘の「酒まんじゅう」とは仲良しこよしのままですなあ。

 *

« 鳥取砂丘の「砂の美術館」の”砂像”の堅さを実感! ”土台”(砂のかたまり)のミニチュア版に指で触ってみると… | トップページ | 「焼き鯖(さば)ずし」って何? おなじみの「鯖ずし」とは違う食文化が… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/47732270

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸灘の「酒まんじゅう」の美味さの秘密は? ”小豆あん”だけでなく”酒あん”が…:

« 鳥取砂丘の「砂の美術館」の”砂像”の堅さを実感! ”土台”(砂のかたまり)のミニチュア版に指で触ってみると… | トップページ | 「焼き鯖(さば)ずし」って何? おなじみの「鯖ずし」とは違う食文化が… »