サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 長崎県壱岐(いき)市と福岡県福岡市では、どちらが北に? その”壱岐”の向こうに”対馬”(つしま)が… | トップページ | ロンドン五輪女子サッカー 「なでしこジャパン」初戦突破! 日本 2 : 1 カナダ »

2012年7月24日 (火)

「かたいおやつづくり」のユニークな教育実践を思い出します、世界遺産白川郷の「かりん糖」に出会って…

Img_0535
 ”かたいおかし”

 世界遺産白川郷「かりん糖」のそばにそんなことばが添えてありました。飛騨味工房いぬい(岐阜県高山市)発売の『12本昔がし』という商品名の油菓子です。

 どれだけかたい(硬い)んだろう、と興味は尽きません。

Img_0538

 ”かたい(硬い)お菓子”と聞けば「かたいおやつ」を連想します。もう、十数年前のことですが、福渡小学校(現在岡山市立、当時は岡山県建部町立)の教育実践を思い出したんです。

 ”やわらかいおやつ”でなくて”かたいおやつ”を食べたら歯(歯ぐき)がじょうぶになるんだよ。

 そんなねらいを掲げて、小学校6年生が「かたいおやつづくり」に挑戦しました。家庭科の授業です。私も試食させていただきましたが、ほんとに「かたいおやつ」でした。

 出来上がったおやつは、給食時間に1年生に配られました。そして、6年生が、「かたいおやつを食べようね」と1年生に語りかけたんです。

 この教育実践は、6年担任だった長尾紀江先生(現在岡山市立牧石小学校長)のアイデアです。教室を飛び出して、1年生の教室を訪問しての活動です。

 当時は、”やわらかいもの嗜好”の傾向がみられていたんですが、長尾先生は、授業実践の中でこれに警告を発しました。歯ぐきばかりでなく、アゴの働きを強調され、高学年児童が低学年児童をリードする活動を展開したんです。

Img_0549

 家庭科は児童の大好きな時間です。自分で作ったものを自分が食べることに大きな喜びを感じるからです。

 長尾先生は、これに”プラスα”の仕掛けをしたんです。自分の喜びを低学年児童に分け与える発想です。それがひいては、学校全体の「健康づくり」に発展することになったのです。

 こんなゆとりある発想ができるなんて、実にユニークな先生です。

 こんな先生に担任してもらいたいなあ、そんな願望が湧いてきます。

 *

《カゲの声》

 白川郷「かりん糖」は確かに硬かったです。

 でも、私の歯、歯ぐき、アゴは、それに打ち勝ちました。

 とはいうものの、噛んでいる最中に「歯」と「歯ぐき」の存在を感じたということは、だいぶ弱ってきているんでしょうね。

« 長崎県壱岐(いき)市と福岡県福岡市では、どちらが北に? その”壱岐”の向こうに”対馬”(つしま)が… | トップページ | ロンドン五輪女子サッカー 「なでしこジャパン」初戦突破! 日本 2 : 1 カナダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/46451308

この記事へのトラックバック一覧です: 「かたいおやつづくり」のユニークな教育実践を思い出します、世界遺産白川郷の「かりん糖」に出会って…:

« 長崎県壱岐(いき)市と福岡県福岡市では、どちらが北に? その”壱岐”の向こうに”対馬”(つしま)が… | トップページ | ロンドン五輪女子サッカー 「なでしこジャパン」初戦突破! 日本 2 : 1 カナダ »