サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「毎日訓」をかみしめるのも武術修業の一つ… ”竹内流(たけのうちりゅう)相伝家(そうでんけ)道場”のトイレを拝見 | トップページ | 「第1回岡山県武道フェスタ」が12月16日(日)に岡山武道館で… »

2012年5月 8日 (火)

伊賀忍者の里の「かた焼」をかみ砕くと… かめばかむほど… 三重県名物?

Img_7873

 心形刀流剣術の小林強(つとむ)先生から珍しいお土産を戴きました。焼き菓子「かた焼(かたやき)」です。

 ”かたい!”

 とてつもなく硬いのです。一度ではかみ砕けません。

 手で折るのにも相当な力を加えないと無理です。

Img_7941

 職人の手で一枚一枚手焼きで作られた「かたやき」をやっとかみ砕くと、ほんのりとした甘い味が口の中に広がります。

 ”美味い!”

 それが実感です。

 こんな硬いお菓子を食したのは初めてです。せんべいのようですが、次元が違います。”硬い焼き菓子”なんです。これぞ、伊賀名物ですね。

 小林先生、ありがとうございました。

Img_7874

 伊賀の国(三重県)は「加賀忍者」の里として知られています。その伊賀忍者は、栄養豊富で長期保存が可能な「かたやき」を愛食し、苦難な状況下でも活躍できる非常食として備えたそうです。その伝統を「いがいちばん辻製菓舗」(三重県伊賀市緑ヶ丘本町)が焼き菓子として再現したのです。

 そこで思い出すのが「かたいおやつ」です。二十年ほど前のことだったでしょうか、福渡小学校6年生が家庭科の時間に「かたいおやつ」を焼いて、1年生の給食時間にプレゼントしたんです。当時、スナック菓子が流行っていた頃ですが、硬いおやつをかみ砕いてアゴを強くすることがだいじなんだよと、6年担任の長尾紀江先生(現在岡山市立牧石小学校長)が発案した教育実践です。

Img_7935

 かめばかむほど味が出るということばがありますが、”かむ”ことの効用は限りがなさそうです。

《カゲの声》

 日本古武道協会のホームページで、心形刀流剣術の小林強先生が紹介されています。

http://www.nihonkobudokyoukai.org/martialarts/032/

« 「毎日訓」をかみしめるのも武術修業の一つ… ”竹内流(たけのうちりゅう)相伝家(そうでんけ)道場”のトイレを拝見 | トップページ | 「第1回岡山県武道フェスタ」が12月16日(日)に岡山武道館で… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/45187288

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀忍者の里の「かた焼」をかみ砕くと… かめばかむほど… 三重県名物?:

« 「毎日訓」をかみしめるのも武術修業の一つ… ”竹内流(たけのうちりゅう)相伝家(そうでんけ)道場”のトイレを拝見 | トップページ | 「第1回岡山県武道フェスタ」が12月16日(日)に岡山武道館で… »