サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 高齢者運転免許講習はまるで「ゲームセンター」!  | トップページ | ウメのつぼみがうごめくって? 俳句「また一輪 梅のつぼみの…」 »

2012年3月 3日 (土)

運転免許更新時の高齢者講習「予備検査」の内容がインターネットで公開されています

Photo
 何と、警察庁は、「高齢者講習予備検査」の情報を提供しているんです、インターネットで。「時間の見当識」、「手がかり再生」、「時計描画」の三つの検査があるんだと、政府の動画サイトで紹介しているんです。

 沼自動車学校(岡山県津山市沼)の受講者控え室にも、高齢者講習の「講習予備検査参考資料」が掲示してありました。検査内容が堂々と公開されているんです。

Img_6569_2


 世の中はすっかり変わっているんですね。

Img_6573_3


 テスト内容や方法は”マル秘”扱いが常道だったんですが、今や、開けっぴろげです。

 えっ、どんな内容なのか、早く知りたい?

 じゃあ、8分ほどかかりますが、次のアドレスをクリックして…

 「高齢者ドライバーの免許証更新には講習予備検査が必要です - 政府…」のサイトで、音声の解説があります。

 *

 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2593.html

 *

 講習予備検査は、認知症の診断を行うものではなく、高齢者講習を実施するために、記憶力、判断力の状況を確認するためのものだそうです。実際には3段階のグループに分かれて適性検査や運転実技が行われていましたが、これが配慮なんでしょうね。

 もしも、記憶力や判断力が低くなっているとされても、免許証の更新はできます。ただちに免許が取り消されるわけではありません。

Img_6592

 しかし、信号無視や一時停止などの特定の交通違反があった場合には警察から連絡があり、専門医の診断を受けることになるそうです。そして、「認知症」と診断された場合には、免許が取り消されることになっています。

 要するに、「予備検査」は、何もかもが「予備」なんですな。

« 高齢者運転免許講習はまるで「ゲームセンター」!  | トップページ | ウメのつぼみがうごめくって? 俳句「また一輪 梅のつぼみの…」 »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

武夫兄さんへ
2012年1月29日 (日)のブログで、 《昨日からは、【サブタイトル】が26文字増えました。 ”20~30秒”ほど待ってください。ごめんなさいね。 ブログが立ち上がるのに、これだけの時間がかかっているのです・・・。 それを”我慢”するのも人生修業の一つと割り切っています。 じっと”耐える”のも「おとなの勉強」なんですね。・・・》 と書かれていましたが、今日ブログの画面を立ち上げた時は今までより早く開き、ビックリするやら、嬉しいやら。やはり待つ修業をするより、早くブログが立ち上がるほうがいいですね。でも、「厳冬の冬景色」の写真に変わり、3月になったから「春を待つ心」の写真どんな風景かなと、これも楽しみの一つです。   宜廣より

宜ちゃんへ
立ち上がりが早くなったって?
うれしいです。
でも、私のパソコンは相変わらずです。
変わらないことで大変なのは、ブログのデザインです。
2月の終わりには春のイメージに変更になっているはずなのですが…。
更新の操作を繰り返しているんですが、全然、変化なしです。
この調子なら、夏になっても雪の景色が続きそうです。
とほほホホ…!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/44355040

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許更新時の高齢者講習「予備検査」の内容がインターネットで公開されています:

« 高齢者運転免許講習はまるで「ゲームセンター」!  | トップページ | ウメのつぼみがうごめくって? 俳句「また一輪 梅のつぼみの…」 »