サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 新しい年、平成24年が… 「壬辰」(みすのえたつ)ってことは、「辰」「竜」「龍」「たつ」の年? | トップページ | ”謹賀新年” 日本武道館発行『月刊武道』1月号に”新年のごあいさつ”が… もちろん「竹内流」も! »

2012年1月 1日 (日)

「新年祝賀之儀」で平成24年が幕開け! 竹内家伝統の行事・儀式で家族の”絆”が…

Img_0272

 ”若歳さま”をお迎えして、今年も我が家の「新年祝賀之儀」を行いました。代々続いている、正月の伝統行事・儀式です。

 正月の床飾りの前で、家族が大座卓を囲んで着座しました。

 静かな刻(とき)が流れます。

 祖父さん(昔流にいえば”家長”)が口上を述べます。

「ただ今から、竹内家の新年祝賀之儀を執り行います」

 すると、長男が神拜して、”お三方”(おさんぼう)を下げてきます。三方には、つるし柿やみかんが盛られています。

 祖父さんはその”三方”を両手で捧げながら、新年の辞を述べます。

「新しい年、平成24年、2012年、壬辰(みずのえたつ)、辰年を迎えました。里穂ちゃんは”年女”(としおんな)ですね。家族にとって、今年一年が、希望に満ちた輝かしい年でありますように祈ります。あけましておめでとうございます」

 すると、家族一同が、「あけましておめでとうございます」と呼応します。

 祖父さんは、つるし柿とみかんを受け皿にとります。そして、息子(長男)へお三方を渡します。

Img_0292

 三世代家族は次々と「お三方」を受け取っては「あけましておめでとうございます」と述べ、ほかの者が一斉に「あけましておめでとうございます」と応じるのです。

 順番の差はありますが、所作口上は、老若男女、すべて同じです。違いはありません。

Img_0302

 同じことの繰り返しのようですが、この儀式を通じて、我が家の””は正月早々から固く結ばれるのです。

《カゲの声》

 私の祖父が子ども時分から「祝賀之儀」をやっていたと述懐していました。明治の初めですから、それ以上の歴史があるんでしょうね。

 私が生まれてからでも七十数年が経っています。今とほとんど同じです。

 それが未だに続いているんです。

 変わっていることといえば、…

0大座卓を囲むようになったこと。

0人が入れ替わったこと。

0少し簡略化されたこと。

 この三つでしょうかね。

« 新しい年、平成24年が… 「壬辰」(みすのえたつ)ってことは、「辰」「竜」「龍」「たつ」の年? | トップページ | ”謹賀新年” 日本武道館発行『月刊武道』1月号に”新年のごあいさつ”が… もちろん「竹内流」も! »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/43588375

この記事へのトラックバック一覧です: 「新年祝賀之儀」で平成24年が幕開け! 竹内家伝統の行事・儀式で家族の”絆”が…:

« 新しい年、平成24年が… 「壬辰」(みすのえたつ)ってことは、「辰」「竜」「龍」「たつ」の年? | トップページ | ”謹賀新年” 日本武道館発行『月刊武道』1月号に”新年のごあいさつ”が… もちろん「竹内流」も! »