サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 古武道「竹内流」の流祖をしのんで「あたご様」のお祭り… 奉納演武、祭典、野外料理で門人等が交流… | トップページ | 「尾瀨」の情報【その6】 「逆さひうち(燧)」のデジカメ撮影はぼんやりと… ほんの少しの風で波が出て… »

2011年7月25日 (月)

「尾瀨」の情報【その5(4)】 「尾瀨」の植物(花・葉・実など)… 「尾瀬ヶ原」の木道を歩きながらデジカメ撮影

Img_3646

 いよいよ、「尾瀬ヶ原」に足を踏み入れます。

 おっと、待った、誤解しないで! 踏み入れるといっても、湿原に踏み込むのではありません。「木道」(もくどう)を歩くのです。

0ニッコウキスゲ(ユリ科)

Img_3572

 一番に目に入ったのは「ニッコウキスゲ」です。朝咲いた花は翌日にはすぼんでしまう一日花です。が、その黄色の見事なこと!

0ワタスゲ(カヤツリグサ科)

Img_3577

 ふわふわした真っ白な綿玉のようなものは花ではありません。実です。

 ミズバショウの咲く頃に黄灰色の花を咲かせ、もう実になっているのです。

0カキツバタ(アヤメ科)

Img_3622

 水気の多い湿地に濃紫色の花を咲かせます。別の場所には、ヒオウギアヤメ(アヤメ科)も群生しています。

 「いずれがアヤメかカキツバタ」

 そんなことばを思い出しながらカシャッ!

0オオニガナ(キク科)

Img_3578

 高さ30㎝ほどの細い茎に黄色い頭状花をつけます。この尾瀨では確かめるわけにはいきませんが、葉や茎を折ると苦味のある白色の乳汁が出てくるので「苦菜(にがな)」と呼ばれているのです。

0ツマトリソウ(サクラソウ科)Img_3579

 白い花です。漢字では「褄取草」と書くそうです。何で「褄(つま)」? 花の直径は1㎝くらいです。

0サギスゲ(カヤツリグサ科)

Img_3583

 サギソウに似ていますね。

0ミズバショウ(サトイモ科)

Img_3588

 花期は6月下旬までなのですが、3株だけが待っていてくれました。ありがとう。

 湿り気の多い湿原に群落が見られます。

 白い苞が、黄色い小花をたくさん付けた棒状の花茎を抱きかかえています。

0トキソウ(ラン科)

Img_3596

 朱鷺(とき)色をしています。

0サワラン(ラン科)

Img_3597

 ピンク色で小さい花です。

 木道から遠く離れ、誰も触りません。もちろん、すぐ傍に咲いていても「さわらん」ですよね。

0タテヤマリンドウ(リンドウ科)

Img_3599

 うすむらさき色の花です。

 ここは「尾瀨」なのに、「立山」とはこれ如何に?

 1本の茎に一つの花を付けています。

0ウラジロヨウラク(ツツジ科)

Img_3608

 葉の根元から花柄がのびて、淡紅色の小さな花を下向きに付けます。小さな釣鐘のようです。別名、「ツリガネツツジ」と言います。

 葉の裏側が緑白色です。

0ヒツジグサ(スイレン科)

Img_3615_2 Img_3632 

 午後2時頃、つまり「ひつじの刻」になると花を咲かせます。

 グッドタイミングでした。

Img_3654

 「尾瀨」は自然の宝庫でした。天然の博物館でした。

 この尾瀨には、「自然保護」の原点がひそんでいます。

 ♪はるかな尾瀨 遠い空

 しかし、今、「尾瀨」は、身近な存在になりました。

« 古武道「竹内流」の流祖をしのんで「あたご様」のお祭り… 奉納演武、祭典、野外料理で門人等が交流… | トップページ | 「尾瀨」の情報【その6】 「逆さひうち(燧)」のデジカメ撮影はぼんやりと… ほんの少しの風で波が出て… »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/40953426

この記事へのトラックバック一覧です: 「尾瀨」の情報【その5(4)】 「尾瀨」の植物(花・葉・実など)… 「尾瀬ヶ原」の木道を歩きながらデジカメ撮影:

« 古武道「竹内流」の流祖をしのんで「あたご様」のお祭り… 奉納演武、祭典、野外料理で門人等が交流… | トップページ | 「尾瀨」の情報【その6】 「逆さひうち(燧)」のデジカメ撮影はぼんやりと… ほんの少しの風で波が出て… »