サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「尾瀬」の情報【その1】 「尾瀬ヶ原」には「ニッコウキスゲ」が鮮やかに… 今なら「ミズバショウ」も? | トップページ | 「尾瀨」の情報【その3】 「まいたけ弁当」に舌つづみ… ゴミ箱のない尾瀨では「弁当がら」は? 「尾瀨」の公衆トイレに募金箱が!  »

2011年7月15日 (金)

「尾瀨」の情報【その2】 「尾瀨」ってどんな所? えっ、「東電」にも関係があるって? 

Img_3458

 さわやか!

 7月の暑い夏にはそぐわない情感が呼び覚まされました。

 「尾瀬ヶ原」(群馬県)への入口「鳩待峠」の空気です。

 この鳩待峠の標高は1,591mです。我が家の標高は150mですので、その10倍もの高さです。そんな高所にあるのかと、今更のようにびっくりです。

Img_3486

 あれ? 山に白い模様が浮き出ています。1時間少々歩いた「山ノ鼻」(標高1,407m)からの眺めです。雪なのです。この時季に雪を眺めるなんて、非日常的です。

Img_3557

 折りよく温度計がありました。この山ノ鼻の気温は25.3℃。快適です。

Img_3588

 「尾瀨」といえば「ミズバショウ」です。その花の時季は過ぎ去ったとばかり思っていたのですが、昨日のブログでは、凛々しく咲く花の姿を紹介しました。尾瀨の魅力は、湿原なのですね。水がきれいです。

 湿原は「木道」で守られています。右側通行がマナーです。

Img_3633

 この木道の設置管理は、福島県、東京電力、群馬県、檜枝岐村、南会津町、環境省が区域を分担しているそうです。

 その木道に奇妙なマークを見つけました。焼き印です。

Img_3492

 あ、「東電」(東京電力)のマークです。

 今、福島原発で話題に欠かせない東電です。

 明治~昭和時代にダム建設の構想が持ち上がり、尾瀬ヶ原は水没するところだったのです。ということは、この尾瀬ヶ原の土地の所有者は東電ということのようです。全部が全部ではないのでしょうが。

 今では、東電は「尾瀨」を支える企業の一つになっています。

 何かしら、複雑な気持ちになりますねえ。

« 「尾瀬」の情報【その1】 「尾瀬ヶ原」には「ニッコウキスゲ」が鮮やかに… 今なら「ミズバショウ」も? | トップページ | 「尾瀨」の情報【その3】 「まいたけ弁当」に舌つづみ… ゴミ箱のない尾瀨では「弁当がら」は? 「尾瀨」の公衆トイレに募金箱が!  »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/40827738

この記事へのトラックバック一覧です: 「尾瀨」の情報【その2】 「尾瀨」ってどんな所? えっ、「東電」にも関係があるって? :

« 「尾瀬」の情報【その1】 「尾瀬ヶ原」には「ニッコウキスゲ」が鮮やかに… 今なら「ミズバショウ」も? | トップページ | 「尾瀨」の情報【その3】 「まいたけ弁当」に舌つづみ… ゴミ箱のない尾瀨では「弁当がら」は? 「尾瀨」の公衆トイレに募金箱が!  »