サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 赤い縞模様のヘビが雨上がりの地面を! | トップページ | 「ジャガイモ」の実と「ミニトマト」の実 その種(たね)は? えっ、どちらも「ナス属」?, »

2011年7月 5日 (火)

メダカの赤ちゃん(稚魚)が生まれて、「親・子」を隔離!

Img_3124

 メダカの繁殖期を迎えています。

 「メダカ産卵中」のシールを水槽に貼っています。

Img_3113

 水温は24℃~25℃です。産卵やふ化には適温です。

Img_3128

 稚魚が次から次へとふ化しています。

 あれれ、そのままにしてたら、親魚が稚魚をぱくりと食べちゃいます。親が子をいじめるとか虐待するどころの話ではないのです。自然って、厳しいものですね。

 親だけは別の水槽に移しています。親魚の集団移動です。いえいえ、実は、「親・子」の隔離なんです。

 「メダカの赤ちゃん(稚魚)」のシールを貼った大きい睡蓮鉢では、稚魚が次から次へとふ化しています。

Img_3105

 その隣の睡蓮鉢にもシールを貼りました。こちらでも稚魚がふ化しています。

Img_3103

 7~8mmの小さい個体が動き回るのをじっと見つめていると、つい、時間の経つのも忘れてしまいます。

 あれっ、くねくねと動く小さい物体!

 ボウフラです。蚊がちゃっかりと仮の宿を決め込んでいたのです。

 水面に弱々しい蚊の姿! 脱皮したばかりの蚊です。生まれたての蚊です。

 水面から飛び立とうとしていますが、もたもたしています。

 あれれ、その個体は、人間の指にキャッチされてしまいました。

 「蚊のなくような声」さえもなく、ただ、メダカが水の中を泳ぎ回っているだけでした。

« 赤い縞模様のヘビが雨上がりの地面を! | トップページ | 「ジャガイモ」の実と「ミニトマト」の実 その種(たね)は? えっ、どちらも「ナス属」?, »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/40690478

この記事へのトラックバック一覧です: メダカの赤ちゃん(稚魚)が生まれて、「親・子」を隔離!:

« 赤い縞模様のヘビが雨上がりの地面を! | トップページ | 「ジャガイモ」の実と「ミニトマト」の実 その種(たね)は? えっ、どちらも「ナス属」?, »