サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「尾瀨」の情報【その2】 「尾瀨」ってどんな所? えっ、「東電」にも関係があるって?  | トップページ | 「尾瀨」の情報【その4】 クマが人を襲うのは? 木の上に逃げたら大丈夫?  »

2011年7月16日 (土)

「尾瀨」の情報【その3】 「まいたけ弁当」に舌つづみ… ゴミ箱のない尾瀨では「弁当がら」は? 「尾瀨」の公衆トイレに募金箱が! 

Img_3464

 「鳩待峠」(標高1,591m)は尾瀨の入口です。ここから「尾瀬ヶ原」へ向かうのですが、1時間10分くらい歩いた地点に、「山ノ鼻」(標高1,407m)があります。標高差184mです。

Img_3502

 ここで、あらかじめ途中で仕入れた群馬名物「まいたけ弁当」(井上食堂)に舌つづみを打ちました。

Img_3453

 美味いんですよ、これが。特に、鶏肉のたれが食欲をそそりました。

Img_3558 Img_3559

 尾瀨にはゴミ箱はありません。弁当がらはもちろん持ち帰りです。この尾瀨の「ゴミ持ち帰り運動」は昭和47年から始められ、現在も続けられています。この運動が、学校遠足の「ゴミ持ち帰り」に発展したことは、皆さん、よくご存知ですね。

 この山ノ鼻には、「尾瀨山ノ鼻ビジターセンター」や「植物研究見本園」などがあります。

 そして、大事な施設があります。

 公衆トイレです。水洗の清潔なトイレです。

Img_3566

 尾瀨の自然は排水などの影響を受けやすいので、尾瀨のトイレには、高度な排水処理ができる浄化槽が設置されています。

 浄化槽を設置していないトイレも尾瀨にはあるそうですが、そこではタンクにためた「し尿」を浄化槽まで運んで処理しています。

 処理された排水は、湿原や尾瀬沼には流しません。パイプラインを通して、湿原を迂回して排水されているのです。

 トイレットペーパーなどの固形物は、脱水・乾燥してからヘリコプターで尾瀨の外へ運び出されています。

 たかがトイレではないのです。維持管理には大変な手間と経費がかかっているのです。

 あれ、これ何?

Img_3562

 尾瀨のトイレには、維持管理の費用の一部に充てるために、「募金箱」が置いてあるのです。

Img_3561

 「100円」ずつなんですが、利用者の一人として協力を惜しまないのが「尾瀨を訪れる人」の心なんです。 

« 「尾瀨」の情報【その2】 「尾瀨」ってどんな所? えっ、「東電」にも関係があるって?  | トップページ | 「尾瀨」の情報【その4】 クマが人を襲うのは? 木の上に逃げたら大丈夫?  »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/40827747

この記事へのトラックバック一覧です: 「尾瀨」の情報【その3】 「まいたけ弁当」に舌つづみ… ゴミ箱のない尾瀨では「弁当がら」は? 「尾瀨」の公衆トイレに募金箱が! :

« 「尾瀨」の情報【その2】 「尾瀨」ってどんな所? えっ、「東電」にも関係があるって?  | トップページ | 「尾瀨」の情報【その4】 クマが人を襲うのは? 木の上に逃げたら大丈夫?  »