サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 年賀状傑作選その3:歌会始お題「葉」に寄せる版画… あ、棟方志功の雰囲気が! | トップページ | 全国女子駅伝は京都優勝、岡山2位… 京都:福士は余裕の走り、岡山:重友は2人を抜く快走! »

2011年1月15日 (土)

「とんど」が様変わり! 餅の焼き方が今風に… でも、黒こげのお餅を愛宕様へ供える風習は?

Img_0022

 今日1月15日は「とんど」です。地方によっては「どんど」とか「どんと」、「左義長」と呼ばれているようですが。

 えっ、今ごろ? と、驚かれる方もいらっしゃると思います。

 が、我が家では昔から1月15日の夕方なんです。

 これについては、未だに我が家ではトラブルが起きています。連れ添い(家内)は1月14日だと言い張るのです。実家ではそうしていたんだと。それはそうでしょうね、子ども時分からしみついた風習ですからね。

 14日の午前中、昼過ぎ、夕方、15日の午前中、昼過ぎ、夕方と、所によってさまざまです。直近の日曜日にとんどをしている神社もあるようです。

 お飾りを焼くのは昔ながらなんですが、我が家では、餅の焼き方が様変わりしています。

Img_0007  お供えのお餅はすべて、割って小さく砕き、油で揚げるのです。

 これが美味いのなんのって、市販の「かきもち」以上なんです。こりこりっとした感触は絶品です。

Img_0026_2Img_0026   お飾りの火でやくのは丸餅なんですが、冷凍庫に保存していたものを「てっき網」で焼くんです。このお餅は、自然解凍するとやわらかく、焼き上がりがほんのりと焦げて美味いんです。

 ひび割れたお供えのお餅を竹にはさんで焼いていたのは昔のこと。黒こげになったお餅をほお張るのは懐かしい思い出です。

 ただ一つだけですが、黒こげになったお供え餅は、愛宕様へお供えをしました。これは、昔から我が家に伝わる風習です。

「六根清浄、家内安全、無病息災」

 孫息子はそう唱えながら、焼けて炭化したお飾りを居宅や道場の周囲に撒きました。母親が同行していましたが、我が家の伝統は健在です。

« 年賀状傑作選その3:歌会始お題「葉」に寄せる版画… あ、棟方志功の雰囲気が! | トップページ | 全国女子駅伝は京都優勝、岡山2位… 京都:福士は余裕の走り、岡山:重友は2人を抜く快走! »

生活・風習・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/38483853

この記事へのトラックバック一覧です: 「とんど」が様変わり! 餅の焼き方が今風に… でも、黒こげのお餅を愛宕様へ供える風習は?:

« 年賀状傑作選その3:歌会始お題「葉」に寄せる版画… あ、棟方志功の雰囲気が! | トップページ | 全国女子駅伝は京都優勝、岡山2位… 京都:福士は余裕の走り、岡山:重友は2人を抜く快走! »