サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 新渡戸稲造(五千円札肖像)が持ち込んだ「ニトベギク」が岡山の半田山植物園で開花! ええっ、「皇帝ヒマワリ」?! | トップページ | 新常用漢字に「稽」を大歓迎! 日本の伝統芸には「けいこ」「おけいこ」は欠かせません… »

2010年11月24日 (水)

寒くなったのに「トランペット」が! 半田山植物園の「ニトベギク」(皇帝ヒマワリ)の隣りに… 

Dscn7143

 大きな白い花が下向きに咲く花といえば「トランペット」を想像します。

 我が家では鉢植えですが、半田山植物園(岡山市北区法界院)では露地植えです。

 そのトランペットが、昨日(11月23日)のブログで紹介した「ニトベギク」(皇帝ヒマワリ)のすぐ隣りに植栽されていました。

 夏から秋にかけて咲く花のイメージなのですが、降霜の頃まで咲くそうです。元々はペルー(南米)の辺りに分布している花ですが、名前が…。

 なんと、「コダチチョウセンアサガオ」(Brugmansia candida)が正式名称です。ナス科チョウセンアサガオ属です。

 英名は「エンゼルストランペット」。

 これは納得です。

 さあ、耐寒対策をとらなきゃ…。

« 新渡戸稲造(五千円札肖像)が持ち込んだ「ニトベギク」が岡山の半田山植物園で開花! ええっ、「皇帝ヒマワリ」?! | トップページ | 新常用漢字に「稽」を大歓迎! 日本の伝統芸には「けいこ」「おけいこ」は欠かせません… »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/37834577

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くなったのに「トランペット」が! 半田山植物園の「ニトベギク」(皇帝ヒマワリ)の隣りに… :

« 新渡戸稲造(五千円札肖像)が持ち込んだ「ニトベギク」が岡山の半田山植物園で開花! ええっ、「皇帝ヒマワリ」?! | トップページ | 新常用漢字に「稽」を大歓迎! 日本の伝統芸には「けいこ」「おけいこ」は欠かせません… »