サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 雑誌のはりを取り除く便利な道具! その名は『はりトル』 それ駄洒落? | トップページ | きみどり色のサクラって、それほんとに桜? 今、盛りなんです。 »

2010年4月18日 (日)

「ヤエザクラ」って名前の桜はないんだって? えっ、それほんとなの?

Photo

 「ヤエザクラ」

 よく聞く名前です。

 我が家にも植えています。娘が嫁ぐ日に「お祝い」として「桜茶」でもてなそうと植樹したんです。昔からの伝統なんですね。

 でもねえ、今、慌ててるんですよ。

 「ヤマザクラ」を図鑑で検索しようとしても、その名前が載っていないんです。どうやら正式名称ではなさそうです。

 フィールドベスト図鑑『日本の桜』(勝木俊雄著、学研)には、「八重桜(やえざくら)」は八重咲きのサクラのことで、特定の栽培品種を示す言葉ではない、と説明しています。八重咲き(やえざき)とは、一重咲きに対して花弁数が増えた花の咲き方です。サクラでは、10枚以上の花弁をもつ花をいうことが多いようです。

 そこで、じっくりと観察してみました。カット写真のサクラです。

 まずは花びら。見たところ八重の感じです。でも、薄っぺらな感じがします。

 丸っぽく厚い径22㎜くらいの花びらが5枚、その内側に径4㎜~12㎜くらいの細長い花びらが7枚、長さ6㎜くらいの細い柄の先についています。計12枚の花びらです。

 10枚以上の花弁ということでは八重咲きなのですが、一重咲きのような感じもします。特に、細い柄の先にくっついている花びらは、ほかでは見たことがありません。図鑑『日本の桜』の中でも見つけられませんでした。

 一時は、「御車返し(みくるまがえし)」かと色めき立ちました。車上の二人が一重か八重かを争って車を引き返したといういわれから「八重一重」と呼ばれているという故事を聞いたからです。この花は、花弁が5枚~7枚で、丸く大きく質感も厚いそうです。似ているようで似ていない感じがします。

 がく片は5枚で、舟底形をしています。

 おしべは3㎜くらいのが16本、めしべは5㎜くらいのが1本です。

 「ヤエザクラ」ばかりと思って植えていた私がうかつでした。もちろん、園芸店では「八重桜」という名前で売られていました。八重咲きのサクラは数が多いのですが、その中から特定するとなると、これ大変な作業になってしまいます。

 さて、これも「おとなの勉強」と割り切って名前の特定に精を出してみますか。

« 雑誌のはりを取り除く便利な道具! その名は『はりトル』 それ駄洒落? | トップページ | きみどり色のサクラって、それほんとに桜? 今、盛りなんです。 »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/34301789

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤエザクラ」って名前の桜はないんだって? えっ、それほんとなの?:

« 雑誌のはりを取り除く便利な道具! その名は『はりトル』 それ駄洒落? | トップページ | きみどり色のサクラって、それほんとに桜? 今、盛りなんです。 »