サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ペーパークラフト「サイコロおみくじ」で大吉! 良い出逢いが? | トップページ | 「足ツボ健康法」に挑戦! »

2010年1月13日 (水)

おとこの料理「しょうが湯」

 朝はうっすらと雪化粧。どうやら日本全土に冬将軍到来です。

 日中は時折陽が射したとはいうものの、4℃。寒い! ぶるぶるる…。

 毛糸の帽子をかぶり、防寒着で庭仕事をしてみましたが、からだががたがた震えます。軍手をはめたのでは手の指が冷えて痛くなります。革手袋をはめてみました。効果はそれほど変わりません。

 こんなときは「あったかい飲み物」に限りますね。

Photo_2  そりゃあ、「あつかん」(熱燗)が…。でも、日中から一杯というわけにはいきません。

 そこで取り出したのが「しょうが湯」(カット写真)です。冬のエネルギー源として常備している品です。

国内産しょうが100%使用

カップにお湯をそそぐだけ

からだのしんからポッカポッカ

ビタミンC入り

しょうがをまるごと使用

 袋にはこんなことが書かれていました。読むだけでも美味そうです。

 原材料はすべて国産です。

砂糖           北海道産

ばれいしょでん粉   北海道産

(遺伝子組換えではない)

しょうが         国内産

黒砂糖         国内産

ビタミンC

 製造者は今岡製菓株式会社(広島県尾道市美ノ郷町)です。

 おいしいお召し上がり方が袋に書いてありました。

必ず沸騰している熱湯をご使用ください。

①本品1袋をカップに入れます。

②沸騰した熱湯約120mlをそそぎ、よく溶かしてお召し上がりください。(お好みにより熱湯の量を加減してお召し上がりください。)

 いよいよ私の出番です。男の料理です。

①本品1袋に片栗粉少々を加えて、マグカップでよくかき混ぜます。カップは陶器製です。

②ぬるま湯をほんの少しマグカップに入れてかき混ぜます。

③沸騰した熱湯をマグカップにそそぎ、よく溶かします。とろりとした「しょうが湯」が出来上がります。

 特徴は次の三つです。

①片栗粉を少々入れること。

②熱湯をそそぐ前にぬるま湯であらかじめ溶かしておくこと。

③陶器製のマグカップを使うこと。

 この手順は、子どもの時分と全く一緒です。

 当時は、市販の本品に該当するものは片栗粉に砂糖少々を加えたものでした。陶器製のマグカップは朝ご飯や晩ご飯を食べる茶碗でした。しょうがを摺って入れるなんて、贅沢な料理でした。自家栽培でしたが。

 これぞ、男の料理「かたくり」(しょうが湯)なのです。

 幼い頃からの食習慣、食生活は、一生つきまとうものなんですね。

« ペーパークラフト「サイコロおみくじ」で大吉! 良い出逢いが? | トップページ | 「足ツボ健康法」に挑戦! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/32974311

この記事へのトラックバック一覧です: おとこの料理「しょうが湯」:

« ペーパークラフト「サイコロおみくじ」で大吉! 良い出逢いが? | トップページ | 「足ツボ健康法」に挑戦! »