サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「足ツボ健康法」に挑戦! | トップページ | 退職高齢者の四分の一がインターネット でも… »

2010年1月15日 (金)

瀬戸大橋の見える寿司屋「ふく仙」  新鮮なネタに惹かれて再訪

 国立公園「鷲羽山」近くに隠れ寿司屋「ふく仙」があります。瀬戸中央自動車道児島ICから数分の場所(倉敷市下津井田ノ浦2丁目)で、眼前にちらと瀬戸大橋が眺められます。

 まずはお茶とむらさき(醤油)がテーブルに運ばれました。

 何ともいい匂い! むらさきの香りが漂ってくるのです。

Photo_2  そして、待ってました! 「にぎり寿司十四貫御膳」(カット写真)が出てまいりました。

 新鮮なネタの味が忘れられなくて再訪したのですが、すぐにぱくつくわけにはいきません。そうです、吸い物で口をうるおしてから……。

 うん、この味です。わざわざ足を運んだ甲斐がありました。

 茶碗蒸し、吸い物付きで1,580円です。

 以前は数量限定の寿司定食が安くて美味かったのですが、時は移り変わっていました。女将さんのお話しの様子では、お客の動向や店の事情でおしながきが軌道修正されているようでした。

 あれ? 「ふく仙」はこの下津井だけではなかったの?

 ここは「本店」でした。ほかに、「ふく蔵」(下津井1丁目)、「倉敷店」(倉敷市白楽町)、「岡山駅店」(岡山市駅元町)があるということをパンフレットで知りました。

 なあんだ、もっと近くにも「ふく仙」があったのかあ。となれば、よし、ふくせんばしごだあ!

« 「足ツボ健康法」に挑戦! | トップページ | 退職高齢者の四分の一がインターネット でも… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/33002061

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸大橋の見える寿司屋「ふく仙」  新鮮なネタに惹かれて再訪:

« 「足ツボ健康法」に挑戦! | トップページ | 退職高齢者の四分の一がインターネット でも… »