« 岡山弁の必読書は『岡山弁JAGAじゃが』 | トップページ | 「しねー」とは何事じゃあ、縁起でもねえ。 »

2009年9月10日 (木)

『岡山弁会話入門講座』は誰もが岡山弁を聞き取り話せるようになることをめざします

 岡山弁を聞き取り、話せるようになろうと思ったら、『岡山弁会話入門講座』(昨日ブログで紹介した青山融『岡山弁JAGA』の巻末付録)を活用するに限ります。

 内容をこっそりとのぞいてみます。

第1課 でーいっか   2重母音①

せとねーけーのなげーはし

瀬戸内海の長い橋

【対話】

あの なげーはしが せとおーはしじゃ。

ながさも なげーけど たかさも たけーなー。

〈以下略〉

【訳文】

あの 長い橋が 瀬戸内海だ

長さも 長いけど 高さも高いねえ。

〈以下略〉

【解説】

●まず、付録のサンプルCDをお聞きになった上で、対話の例文を大きな声で読んでみてください。アクセントやイントネーションに悩む必要はありません。岡山弁のアクセントやイントネーションは共通語とほとんど同じですから、岡山弁独特の単語や言いまわし以外は、これ以降も特に注釈をつけないことにします。

●さて、岡山弁では2つの母音が続くと発音が変化する場合があります。異なる2つの母音の組み合わせは20通りあるわけですが、それらのうち【ai】【ui】【ei】【oi】【ae】【oe】が変化します。

〈以下略〉

【練習問題】

1.次の単語を岡山弁で発音しなさい。

 ①第一回世界体育大会

〈以下略〉

2.次の言葉を岡山弁で発音しなさい。

 ①ドライアイス

〈以下略〉

【解答】

1.①でーいっけーせけーてーいくてーけー

〈以下略〉

2.①どれーえーす

〈以下略〉

 この調子です。

 講座の内容を目次で眺めてみます。

第1課 2重母音① せとねーけーのなげーはし

第2課 2重母音② しーびーおんせんにいきてーなー

第3課 2重母音③ ことりのなめーがおべーてーなー

第4課 曲用① きびじゃーえーとこじゃなー

第5課 曲用② くらしきゅーたずねてーなー

〈中略〉

第30課 並行動作 はたきょーあるきあるきおもーた

第31課 慣用句 このかせーのられー

 この講座では、会話表現の理解と基本文法の習得を中心に学習します。

①付録CDで例文対話に耳を傾けます。

②解説を熟読します。

③練習問題で反復トレーニングをします。

 そして、例文、練習問題、解答を実際に声を出しながら発音してみることが上達への早道です。

 超熟年の私ですが、実際に声にしてみると、ああそうだったのかと、再認識することがあります。

 この岡山弁・方言は、おとなの勉強のうちでは超楽しいお勉強です。

 岡山弁に限りません。身近にある方言に挑戦してみましょうよ。

« 岡山弁の必読書は『岡山弁JAGAじゃが』 | トップページ | 「しねー」とは何事じゃあ、縁起でもねえ。 »

方言・岡山弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/31320593

この記事へのトラックバック一覧です: 『岡山弁会話入門講座』は誰もが岡山弁を聞き取り話せるようになることをめざします:

« 岡山弁の必読書は『岡山弁JAGAじゃが』 | トップページ | 「しねー」とは何事じゃあ、縁起でもねえ。 »

竹内流捕手腰廻小具足「柔術の源流」