サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 早い! 安い! インターネットの宿泊予約 | トップページ | 「天地人」と岡山県知事 »

2009年5月16日 (土)

「きのこ」の見分けをしたい!

 「きのこ」といえば身近にあるものですが、食べられるか否かとたずねられたら答えに苦しみます。何という名前ですかとたずねられてもしかりです。

 私自身はそれほどの初心者なのですが、なんとか「きのこ」の見分けをしたいと思って、岡山県自然保護センターの講座(菌類懇話会との共催)に挑戦することにしました。

 講座名は「きのこの分類・同定基礎講座」です。講師は、菌類懇話会・きのこアドバイザーの柴田靖先生です。

 今日は第一回の講座でしたが、その内容項目だけを振り返ってみます。

1〕 「きのこ」とは何か

 ① 菌類きのこの生物分類学的な位置

 ② きのこの分類体系

2〕 「きのこ」の同定

 ① きのこ図鑑の選び方

 ② きのこの採集方法

 ③ きのこを見分けるポイント(目視観察編)

3〕 「きのこ」の同定作業

 ① フィールドワーク

 ② 室内作業

4〕 顕微鏡観察

 ① 顕微鏡の基本操作

 ② 胞子の観察

 内容項目の羅列だけでは講座の概要は分かりかねますが、ポイントについては、いずれブログに記事を載せたいと思います。

 専門用語には閉口しましたが、印象に残ったことばがあります。

① 分からないものは食べないこと。

 そうなんです。だから、私は自分で採取して食べられないんです。  

② 「自称きのこ名人」の多い世界です。

 いやはや大変な人物がいるそうです。

③ 間違いの多い「きのこ図鑑」があります。

 とても信じられないことなんですが、その実物を見せていただきました。きれいな写真の載っている図鑑でした。が、間違いの多いことに驚きました。そんな図鑑を購入するわけにはいきません

  講座は、5月、7月、9月、2月の計4回です。私自身のきのこを「見る・観る・視る」目がどんなに変わるか、楽しみです。いえ、変えてみせます

« 早い! 安い! インターネットの宿泊予約 | トップページ | 「天地人」と岡山県知事 »

自然観察・園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195272/29644902

この記事へのトラックバック一覧です: 「きのこ」の見分けをしたい!:

« 早い! 安い! インターネットの宿泊予約 | トップページ | 「天地人」と岡山県知事 »